連載

「肉汁のジャグジー」「ソースは香水」照英の食レポがすごい

【この記事のキーワード】

豚丼がスイーツ!?

 続いて向かったのは戸越銀座。照英キャプテンいわく、そのお店のお肉メニューからは「すごい広い大草原が見えてくる。筋肉から草原を感じてもらいたい」とのことで、到着したのは「とんたん」というお店であった。そこで出てきたのは、合計300gになる何枚ものぶ厚い豚肉がたっぷり敷き詰められて、どんぶりからはみ出しまくった状態で盛り付けられていたガッツリ豚丼。

 口に含んだ途端に、「チャップチャプだな!」「このプルリ加減がすごいよ! 牛、鶏にはないね。やっぱりPIGやるよ!」と、またもや独特のワードセンスで食感を表現した照英キャプテンは「PIG MUSCLEに俺は惚れてます!」と、愛しの豚肉に思いをぶつけたのであった。ついさっきまで牛のステーキに首ったけだったのに~。こんな照英キャプテンのハイテンションが伝染してしまったのか、安村アナが突然

「この甘み、もはやスイーツですね! 初めて食べましたよ、豚のスイーツ♪」

 と、豚丼をまさかのスイーツ呼ばわり。しかも、豚肉300g+ご飯200g=合計500gというだいぶ重量感のある豚丼を完食する勢いでがっつく安村アナに、驚いた照英キャプテンは、

「これ完食したら、今日から君は部長だぞ!」

 というわけのわからないエールを送るのであった。でも、その言葉が励みになったのか豚丼を必死に掻き込む安村アナ。そして見事完食し終えると、カメラ目線で「美味い! もう一杯!」だなんて気の利いたセリフを笑顔で言い放った。いいキャラしてますね~♪ さぞかし照英キャプテンも気に入ったことだろう。

やっぱり泣いちゃう照英

 3軒目は蒲田の「佐々木商店」へ向かい、まるでボディビル大会に訪れたような気分に浸ることとなった。用意された隆々しい大きな鶏ムネ肉の素焼きに向かって「キレてる~! 俺の筋肉超えてるよ~!」と興奮しまくる照英キャプテン。手に取ってみるとさらにすごさが伝わったらしく、「筋肉の展示会みたいになっちゃった!」とはしゃぎまくり。

 元やり投げ選手だったため、現役時代は筋肉のためにささみなど鶏肉重視で食べることが多かったという照英キャプテンが、「今まで食べてきた鶏肉の中で世界一美味しい!」と大絶賛。

「俺の体はほぼ鶏肉から出来上がってるから。BEEF、PIGにも鍛えられてるけど、ほぼBIRDから出来上がってるから!」

 と、興奮ついでに自分の筋肉の構成要素をなぜか英語名詞で発表するのであった。……いやいや、正確にはPIGじゃなくてPORKだし、BIRDではなくCHICKENでしょ~! それにしても、こんなにも絶賛された鶏ムネ肉の素焼きであるが、お値段がなんと880円! ムネ肉には安いイメージがあるとはいえ、銘柄鶏の「大山どり」を使用し、これだけ肉厚でジューシーなのに破格の値段設定である。

 「これで採算がとれるのだろうか?」という質問を投げかけたところ、社長の佐々木さんは創業当時から値段はほぼ上がっていないことを告げると、「本当に美味いものを知ってもらいたい、その気持ちだけでやってるんで」と商売人の熱い心意気を見せてくれたのであった。その言葉に心を打たれた照英キャプテンは「泣いていいですか?」と断りを入れると、

「筋肉泣きしそうだよ~!」

 と、叫びながら感極まるのであった。やっぱお肉でも泣いちゃうんですねぇ……。って、なんなのよ「筋肉泣き」って~! そうこうしている間に、またもやお肉を完食しそうな安村アナ。あまりの食べっぷりの良さに、照英キャプテンは「(部長も超えて)会長になっちゃうかもしれないね~!」と感心しきり。そして「“筋肉ロード”にいい部員が入ってきたね~♪」と大型ルーキーに期待を寄せるのであった。

 照英キャプテンにかかると、普通のグルメ企画がたちまちバラエティーやコント番組っぽくなるから不思議である。こんなにも筋肉とお肉に対して全力で立ち向かっている泣き虫さんなんて、そうそういないであろう。第8弾となる「筋肉ロード」がいつ放送になるかはわからないが、新たに加わった頼れる太っちょルーキー・安村アナとの強力タッグで、照英キャプテンがより一層お肉ではしゃぎまくる雄姿を見てみたいものである。

 

■テレ川ビノ子 / テレビが大好き過ぎて、頼まれてもいないのに勝手にテレビを全般的に応援しています。おもしろテレビ万歳!

backno.

 

 

1 2

テレ川ビノ子

テレビが大好き過ぎて、頼まれてもいないのに勝手にテレビを全般的に応援しています。おもしろテレビ万歳!