seriesend

「ヤリマン」は男の精神安定剤!? “いろんな人とHしちゃう”ヒロインはなぜ脅威なのか

【この記事のキーワード】

「口説く」や「股を開く」という言葉が意味するもの

清田 佐藤広報はいかがでしょう。

佐藤 私は昔からめっちゃ嫉妬深いので、彼女が他の男とセックスしてるとか、想像しただけで気が狂いそうになります!

清田 何でそんなにイヤだと思うの?

佐藤 端的に言うと、「負けた気がするから」なんだと思います。「その男が俺より“上”だったからセックスしたんでしょ?」という風に考えてしまい、敗北感にかられる……。私は何度か恋人を寝取られた経験があるんですが、こんな気持ちになって爆発しそうでした。

清田 それって、何をもって“上”ってことになるの?

佐藤 ルックスとか、スペックとか、コミュニケーション能力とか、そういう要素ですかね……。とにかく、総合的に私より上だと判断したから、彼女はその男とセックスをした。そんな風に考えてしまうわけです。

清田 逆に言えば、自分が彼女の中で“一位の男”でありさえすれば、彼女が他の男とセックスすることはないってこと?

佐藤 そうですね。彼女の男友達とかに嫉妬するのも、その座を脅かされるような気がするからだと思う。

清田 その発想で行くと、小谷のセックス観はまったく理解できないよね。だって、別に「山下より上」だから他の男とセックスしてるわけではないので。ていうか、むしろ「山下のエッチは他の人よりいい」とも言っている。

佐藤 そうなのよ。そこが最も恐ろしかった部分で。というのも、私の中にはおそらく、「女の人は男をジャッジする明確な基準を持っていて、その数直線上で我々男は競い合っている」という発想があるんですよ。だから、自分ががんばればセックスできるし、恋愛関係にもなれる。自分がちゃんと“いい男”でいさえすれば、彼女が浮気することはない。

清田 ずいぶんシンプルな思考モデルですね……。

佐藤 でも、小谷を見てると、女の人は必ずしも明確な基準で男をジャッジしてるわけじゃないことを突きつけられるよね? 「何となくエッチしたかったから」なんて理由で他の男とセックスされちゃったら、こっちとしてはもう打つ手がないわけです。

清田 そっか。コントロールできないから怖いってことか。めっちゃ身勝手な考えだとも思うけど……案外これって多くの男が持ってる感覚かもね。というのも、「口説く」とか「股を開く」なんて言葉が表しているように、男の中には、「セックス“したい”のは常に自分たちで、女の人は受動的にそれを“待ってる”ものだ」という発想が根強く存在してるでしょ。

佐藤 で、女がセックスを受け入れるかどうかは、男の魅力次第だって考えてるんだよね。女の人にブチ殺されそうですが、そう思い込んでる節が確かにある。こうやって考える方が楽なんだよ。理解しやすいし、すべては自分次第だと思えるから。

清田 小谷の存在は、その発想を根底から揺さぶってくる。だから、このマンガは男を恐怖のどん底に突き落とすのかもしれない。

佐藤 彼女は総じてパッとしない男たちと関係を持ってるよね。これがモテ男や人気者とかだったら、「※ただしイケメンに限る」が使える。敗北感はあるけど、基準自体はブレないから、ある意味で理解できる。でも、「ルックスで負けたから」でも「コミュ力で負けたから」でもなく、彼女は“自分の意志”でセックスをしている……。女の人だってこういう考えをするんだぞって事実を直視するのが、めっちゃ怖い。

清田 前提となる基準が崩れたという意味で、“物理法則”が覆されたような体験なのかもね。

佐藤 そうなんだよ。「ってことは、他の女の人もみんなこうなの!?」って可能性が生まれるでしょ。自分の彼女とか、奥さんとか、仲良い女友達とか、みんな小谷のような感じだったらどうしよう……って考えるようになっちゃうから怖いんだよ

清田 そっか。逆に言うと、男はそうやって混乱するのが怖いから、“物理法則”からはみ出た女の人に「ヤリマン」「ビッチ」「淫乱」「メンヘラ」みたいなレッテルを貼るのかもしれない。小谷にしても、ネットではやたら「清楚系ビッチ」と呼ばれて嫌悪されてたわけで。

佐藤 “普通”の女は受動的で、股を開く開かないは男の魅力次第。逆に、自分の快楽や欲望に忠実で、セックスにアグレッシブな女は“異常”である──。そういう二元論的なフレームにハメ込んだ方が、心の安定が保たれるんだよ。

清田 そう考えると、「ヤリマン」や「ビッチ」って言葉は男の“精神安定剤”なのかもね。messyの編集長が「ヤリマンのセックスに“心理的な深い意味”を見出そうとする男が興味深い」と言っていたけど、それも同じことのような気がする。

佐藤 何だか死にたい気分になってきましたね……。

清田 ともかく、『あそびあい』は男の身勝手で貧しい女性観を根底から揺さぶってくる作品であるということで、我々も男子への布教活動に努めていきましょう。

「寝取られた」と思ってた元カノたちも、実は“自分の意志”でそうしてたのでしょうか……(by佐藤広報)

「寝取られた」と思ってた元カノたちも、実は“自分の意志”でそうしてたのでしょうか……(by佐藤広報)

桃山商事 清田代表・佐藤広報/二軍男子で構成された恋バナ収集ユニット「桃山商事」。失恋ホスト、恋のお悩み相談、恋愛コラムの執筆など、何でも手がける恋愛の総合商社。男女のすれ違いを考える恋バナポッドキャスト『二軍ラジオ』も更新中。コンセプトは“オトコ版 SEX AND THE CITY”。著書『二軍男子が恋バナはじめました。』(原書房)が発売中。Twitterは コチラ

backno.

1 2 3

清田代表/桃山商事

恋バナ収集ユニット「桃山商事」代表。失恋ホスト、恋のお悩み相談、恋愛コラムの執筆などを通じ、恋愛とジェンダーの問題について考えている。著書に『二軍男子が恋バナはじめました。』(原書房)や『大学1年生の歩き方』(左右社/トミヤマユキコさんとの共著)がある。

twitter:@momoyama_radio