ゴシップ

早くも嫁・姑戦争勃発か。前途多難のバナナマン・日村と神田愛花の結婚への道のり

【この記事のキーワード】

 この激昂ぶりは、突然の取材に対してなのか、はたまた神田の発言に対する怒りなのかわかりかねるが、「絶対にありえない!」とまで言い切るからには、神田との結婚に反対なのだろうか。同誌では、日村は後輩芸人に「いますぐにでも結婚したい」と話しているものの、「けど、うちの母親が大反対してるんだ。紹介しようにも会ってくれなくって」とボヤいたというコメントも掲載されている。

 神田は日村との交際が始まる以前から、結婚願望の強さをレギュラー出演するラジオ番組ではっきり示していた。「男性の意見に全部従う」「こう見えても、すごく男性をたてるタイプ」と自称し、どんな結婚式・披露宴を上げたいかを具体的に話していたこともある。そして何より、これまではどんな彼氏を紹介しても「NG」を出す母の意見を尊重し、結婚に進まずにきたが、日村との交際については「私が前に進んでしまったので」と、母の反対を押し切って継続している。これは本気なのだろう。

 30代女性と40代男性。それぞれに自分の仕事をして稼ぎ、はたから見れば充分すぎるほどに大人な2人であるし、お互いに「結婚するならこの人」と意識しているのだから、親の反対はそこまで大きな障壁ではないと考えることもできる。ただ、やはり周囲、特に親からは祝福されて結婚したいものだろう。日村の母はテレビ出演したこともあるが、捨て犬を「ほっとけない」と家に拾ってきて世話したり、両親に車をプレゼントしてくれたりする孝行息子のことを「心優しい子」だと繰り返していた。大切な息子だからこそ、このチャンスを応援してあげてほしいものだが……。

(エリザベス松本)

1 2