連載

スポーツ系セックスの新技「腕立て伏せピストン」に出会う

【この記事のキーワード】

「ズンッ」「グエ」の謎

 なんだか、ピストンする度にしんやくんの胸部が私のおっぱい周辺を直撃して、ちょっと苦しい。「ズンッ(しんやくんの胸部が私のおっぱいに当たる)」「グエ(私が苦しがる)」ズンッ、グエ、ズンッ、グエ(以下リピート)」といったイメージです。しんやくんに「グエ」がバレないようにしつつ、この原因は何なのかと観察してみると、彼は“腕立て伏せ状態”でピストンを繰り返していたのです……!

 男性の一般的なピストン運動とは、両手・両腕は体を支える程度で、主に腰を動かすものだと思います。そして、手が空いていたら女性の腰や太ももを持ったり、おっぱいを触ったり……。しかし、しんやくんは、私の顔の両脇に手をつき、脚はまっすぐ伸ばし、全身の筋肉を使って上下に動いています。そのため、1ピストンのスピードはやや遅めです。

 また、腰だけを動かしてピストンすれば、よっぽどのミニマムちんこでなければまんまんから抜けるということはないと思いますが、腕立て伏せで上体を起こすと必然的に性器同士に距離ができるため、その都度ちんこがまんまんから抜けそうになります。ただ、しんやくんのちんこは見た感じ17㎝強と長めであったので、何とか抜けずに事を終えました。何度も腕立て伏せが軽々とできる強靭な肉体と、ロングちんこの両方を兼ね備えた彼だからこそできる技かもしれません。

 この腕立て伏せピストン、一回一回の挿入が深いのでわりと気持ちいいのですが、やはり「ズンッ、グエ」が気になってセックスに集中できません。あまりに「グエ」を我慢しても咳込んでしまいそうですし、単純に痛くなってきたので、しんやくんにはバックでしてもらうようお願いしました。やはり体に負担のない体位はセックスに集中できます。

 私が出会った「蹲踞スタイル」に「腕立て伏せピストン」。世の中には“セックスはスポーツだ”と言う人もいますが、その言葉はいろんな意味を持っているのかもしれないな……と思ってしまった出来事でした。

■Lollipop-Rumiko(ロリポップ-ルミコ)/通称ロリルミ。中学1年で済ませた初体験を皮切りにビッチ街道を突っ走ってきたが、ここ数年それに疑問を感じ始めている26歳。しかしまだ完全にビッチを卒業することはできず。好きな男性のタイプは、ちょっとSなクンニスト。最近の悩みは、夕方になるにつれてクッキリしてくるほうれい線と、過度の飲酒と白米の食べ過ぎによってできた腰回りのぜい肉。

backno.

 

1 2

Lollipop-Rumiko

通称ロリルミ。中学1年で済ませた初体験を皮切りにビッチ街道を突っ走ってきたが、ここ数年それに疑問を感じ始めている26歳。しかしまだ完全にビッチを卒業することはできず。好きな男性のタイプは、ちょっとSなクンニスト。最近の悩みは、夕方になるにつれてクッキリしてくるほうれい線と、過度の飲酒と白米の食べ過ぎによってできた腰回りのぜい肉。