ゴシップ

元光GENJI赤坂晃、芸能界引退のはずが舞台復帰と会員制ファンブログ開設で物議

【この記事のキーワード】

 赤坂が主演した舞台は、今月4~9日に東京・新宿の劇場で上演された『ニライカナイ~ウロボロスの宝玉~』。無事に全公演を終えた赤坂は11日放送の『ノンストップ!』(フジテレビ系)にVTR出演し、現在の心境を語った。

 番組内で覚せい剤事件について赤坂は「遊び感覚でやって、それが常習になる。子供だったとしか言いようがないんですけどね。周りのことを考えずに自分の好きなことをやってしまった結果」と述べた。また服役中に父親が死去、その瞬間に立ち会えなかったことが一番こたえたとも語っている。服役中に母親からの手紙で父親の死を知り、そこから、「もう人を裏切れない」と生き方が変わったのだという。

 ただ、今回の舞台出演について、自身は芸能界への復帰だとは思っていないとしており、「うしろめたい気持ちが強くて、みんなの前に恥ずかしくて立てない。『ごめんなさい』と言いたかったんですが、機会がなくて」と現在の心情を吐露している。しかし復帰ではないとなると、この舞台いったいなんなのだろう? 今回一度限りの特別出演か? 違法行為を犯し、芸能界といういわば晴れ舞台を追われる多くの“元”タレントたちは「皆様の役に立つ仕事を」とかもっともらしいことを言い身を潜めるのだが、そのほとんどは、いつしかシレッと芸能人に戻っている。赤坂と同じく覚せい剤取締り法違反で逮捕・起訴された酒井法子は、初犯ということもありやはり赤坂同様「懲役1年6カ月、執行猶予3年の有罪判決」を受け、「介護の仕事をやりたいので勉強をする」とマスコミに話したが、現在は新たな所属事務所で芸能活動を行っている。

 そして赤坂は、実は今春に、会員制のオフィシャルサイトをオープンしている。実質はブログなのだが、コレが金策に苦労している感をうかがわせる内容で、ファンの間でも物議を醸していた。というのも、まず閲覧するには「実名登録必須」で、スタンダード会員またはプレミアム会員にならなければいけない。スタンダード会員は月額1000円。プレミアム会員は月額5000円だ。スタンダード会員の場合は、ブログにコメントをつけたり、UPされた動画を閲覧したいとなったら、追加でポイントを購入する必要がある。ファンイベントの開催もあるようで、そこそこ会員は集まっている様子である。お金を払ってでも入会するファンはいるし、彼の活動を見届けたい人たちがいるのだろう。

 服役後に赤坂が代表を務めていたという新宿のバーには、光GENJI時代からのファンが全国から来店していたという。赤坂が実刑判決を受けた裁判にはファンの女性十数人が傍聴し、赤坂被告が裁判所を離れる際、彼が乗った車に駆け寄り「アキラ、アキラ」と泣き叫んだファンがいたというのは有名な話だ。彼が未だに熱狂的なファンに支えられているからこそ、その期待を今度こそ裏切ることなどないようにしてほしいと思うのである。
(エリザベス松本)

1 2