ゴシップ

a-nationの惨劇再び! 浜崎あゆみにフェスの大トリは酷なのか

【この記事のキーワード】

 再婚相手である年下男性との“離婚間近”情報も錯綜し、このところ明るい話題に恵まれない浜崎。年に一枚は新曲が詰まったオリジナルアルバムをリリースし、毎年の全国ツアーも定番化しており、活動ペースは衰えていないが、エイベックスとしても功労者である彼女をいつまでも全力で走り続けさせることに疑問を持たないのだろうか。ここらで減速するなり、音楽活動を見つめなおすなりして、“アーティスト・浜崎あゆみ”のブランド価値をこれ以上下げぬようプロデュースしていくことが、今の彼女には必要なのではないか。
(シュガー乙子)

1 2 3