ライフ

子供・お金・夫、すべて問題なしの結婚生活がなぜ「つまらない」のか?

【この記事のキーワード】

――ご自身の変化がないことがつまらないということでしょうか。

R「そうですね。これまでは、幼稚園・小学校・中学校・高校・大学・社会人と、常に自分の置かれる環境が変わっていったじゃないですか。でも結婚した現在はそうじゃなくて、子供たちの環境が変わっていくのを見守る側にならなきゃいけない。だからといって、自分に変化を与えるために急に仕事を変えて新しいことを始めようっていうのも、子供がいたら実際なかなかできないですし……。結婚してるので、パートナーを変えることもできませんしね。不倫や離婚したいと思うこともないですけど」

――なら、趣味を見つけるとかはどうでしょう?

R「趣味はセルフネイルとヨガとスポーツクラブに行くことなんです。多分、私は常に新しいライフイベント的なことを欲してるというか……。だから、いつも主人と新しい目標を持って動いてる、みたいなのがあればそれに向かって日々の生活を不満なく過ごせると思うんです。というか、多少不満を感じつつも、それをどう解消していくのか悩みながら生きていたいのかも」

――悩みや不満が人生のスパイス、生きる活力になるのかもしれないですね。

R「どうしようもないほどの大きな悩みを抱えたら、それはそれで大変なんでしょうけどね。なのでこれからは、自分たちの家を建てることを目標にしたいなと思ってます」

 「ないものねだり」とも思われそうなRさんですが、どんなに幸せでも常に何かしらの変化や刺激を求めてしまう気持ちもわからなくはありません。現状に満足しない彼女はある意味バイタリティーに溢れており、より大きな幸せを掴めそうな気もします。
(リオネル・メシ子)

1 2