連載

「自称セックスうまい人間」が男性に多い理由とは?

【この記事のキーワード】

 一方、女性の「自称セックスうまい」談は聞く機会が少ないように感じます。「彼氏が早漏」「テクがない」といったグチや悩みはよく聞きますが、「秒速で男をイカせた」「名器と言われた」といった自慢的な自己申告はあまりないかもしれません。気になる男性とのセックスのために、「私って“ミミズ千匹”らしいんだよね」との誘い文句を使っている女性はいるのでしょうか?(ちょっと使ってみたい気もします)

 女性の「自称セックスうまい」タイプが珍しいのは、多くの女性がセックス中に演技をした経験があり、仮に男性に「フェラうまいね」と言われたとしても「私も演技してるし、向こうも本心で言ってるワケじゃないかも」と真に受けないからではないかと思います。加えて、男性間では「たくさんの女性をイカせた」「デカちん」が自慢になったり、賞賛されることが多いですが、女性間ではそうではなく、例え「フェラうまいって言われる」と言ったところで「何それウケる」「今度教えてよ(笑)」といったギャグ的な捉えられ方をするか、単純に引かれることが多いかもしれません。

 少し前に“マウンティング”という言葉が流行りましたが、男性間では自称だとしてもセックステクがマウンティングの材料になるのに対して、女性間ではあまり効力がない。例え根拠のない自称だとしても、「セックスがうまい」というのは男性にとって誇るべきポイントなのでしょうか? 雑誌の広告などの“ちんちんをデカくするなんちゃら”は何年も前から存在しているのに、“締まりをよくするなんちゃら”がごく最近登場したものだということも、それに通じるような気がします。

 セックスなんて千差万別で、「これが正解、こうすれば絶対に気持ちいい」という絶対的な方式はありません。「デカちんは痛い」と嫌がる女性もいるし、「締まりが良すぎると痛い」という男性もいます。そう考えると、本当にセックスがうまい人が存在する確率はかなり低いものになってくるし、いくら自分のテクを口頭で説明したところでやってみなければわかりません。まあ、セックスに限らず“自称○○自慢”はあまり信用できないものですけどね……。
(Lollipop-Rumiko)

backno.

 

1 2

Lollipop-Rumiko

通称ロリルミ。中学1年で済ませた初体験を皮切りにビッチ街道を突っ走ってきたが、ここ数年それに疑問を感じ始めている26歳。しかしまだ完全にビッチを卒業することはできず。好きな男性のタイプは、ちょっとSなクンニスト。最近の悩みは、夕方になるにつれてクッキリしてくるほうれい線と、過度の飲酒と白米の食べ過ぎによってできた腰回りのぜい肉。