連載

セックスの相性はいいけど“生理的に無理”な彼との別れ方

【この記事のキーワード】

 あとは、おつゆさんを面倒くさい女だと思わせて、彼から先に「別れたい」と言わせるという手もあります。スマホチェックを要求したり、「アナタはいつか浮気しそうだから不安だし別れたい」と、してもいない浮気をやたら疑う面倒くさい女を演じたり。でもそれを「燃え上がる愛情」と勘違いして、さらに彼からおつゆさんへの恋心が過熱したらヤバイので、頭がおかしいんじゃないかと思われるくらいの女を演じてください。

 または「実は親が投資に失敗して1億8000万の借金を背負っていることが発覚した。結婚相手には一緒に返済してもらいたいと親が言っている」と、家族関係で問題を抱えている設定にするのも、彼に「付き合いを続けたら面倒くさそう」と思ってもらえるかもしれません。ああっ、しかし彼がめちゃくちゃ情に厚いイイ奴で「一緒に頑張って返そう!」と盛り上がっちゃったらこれまた大変。上手なウソをつくって難しい。

 いずれにしても、彼を紹介してくれた女友達には、先に正直に「別れようと思っている」と話して根回ししておくことが必須です。その子以外にも彼と共通の知り合いが多い場合は、知り合いをも巻き込む可能性がありますから、事前に「こうやって別れを切り出そうと思う」と連絡しておいた方が良さそうですね。

 私個人としては、「何事においても、全て洗いざらい話すことだけが正しいワケではない」と考えているので、ウソの別れの理由を作ることも悪いことではないと思っています。そもそも交際というものは、本来ならどちらかが「別れたい」と伝えた時点で関係が破綻しているのに、そこに理由や説明を求める人が少なくありません。相手の心が自分から離れているという“事実”を知るだけでは踏ん切りがつかず、別れに相当する理由=自分も別れてもいいと思える理由を見つけないと、別れを受け入れられないのかもしれません。

 おつゆさんの彼が別れをすんなり受け入れてくれるタイプであることを祈ります!

(Lollipop-Rumiko)

 113.33.254.170

backno.

 

1 2 3

Lollipop-Rumiko

通称ロリルミ。中学1年で済ませた初体験を皮切りにビッチ街道を突っ走ってきたが、ここ数年それに疑問を感じ始めている26歳。しかしまだ完全にビッチを卒業することはできず。好きな男性のタイプは、ちょっとSなクンニスト。最近の悩みは、夕方になるにつれてクッキリしてくるほうれい線と、過度の飲酒と白米の食べ過ぎによってできた腰回りのぜい肉。