連載

今年もスピ界は盛りだくさんすぎました。☆トンデモオブザイヤー2015☆決定!

【この記事のキーワード】

5位 食育界も、無駄に元気いっぱい

 2015年、twitterでは食育周りもボウボウ燃え上がっておりました。つい最近では、食育イベントも行っているタニタの影響管理士が「生クリームはプラスチック」なる発言でネット民を唖然とさせ、子どものお弁当に冷食を使い幼稚園からお叱りの電話があったというお母さんのツイートは「冷食使うな、なんて無理ゲー」との声でにぎわいました。

 また、〈愛情料理〉を発信する土岐山協子氏は、趣味に走ってみそ汁が不味くなったというご自身の母親の話を引き合いに、趣味に勤しむお母さんたちについて、ブログで「てめえ」「水に浸けてやろうか、このやろう」と汚い言葉で吠えまくりです(「すげえ腹立つわ」より)。頭に血が上ってしまったのか、世の子どもは「授かれない女性を代表しての命がけで産んだ大切な命じゃないのか」であるという持論にまで暴走。いや、あの、人様のために産んだわけじゃないんですけど……というお母さんたちの戸惑いが伝わっていそうです。

 いずれの事件も、〈食育にはこれが良いですよ〉なる情報を淡々と発信していればいいのに、自分と信念の異なる存在をフンガー叩くことに躍起になった末の、墓穴でありました。

6位 引き寄せ物件、大賑わい

 手帳に願望をしたためたり言葉づかいを断定的&ポジティブに変えたり、呼吸瞑想イメージワークetc.なんでもかんでも、運を〈呼び寄せる〉方法として、語られるシーンが多発!

 そんな中、今年のスーパームーンは皆既月食とコラボだったので、呼び寄せ界はさらなる祭り状態となったことでしょう。少し前に流行った、満月に向かって財布フリフリする金運アップ儀式は(お財布フリフリーゼの会なんてありましたね)最近下火になってきたような印象でしたが、今年のスーパームーンで少し勢いが甦ってきたのではないでしょうか。

7位 決着マダー? な水素水

 活性酸素を中和されると謳われ、美のカリスマ藤原美智子さまも愛用している水素水は今年勢いが加速してブームになったものの、一部ではトンデモだと指摘され、〈高濃度水素水〉を販売する伊藤園にも冷たい視線が集中。めざましテレビで紹介された水素美容にいたっては、またたく間にネット上で失笑が広がっておりました。来年あたり、決着がつきますかね?

8位 冷えとり界、着実に布教者拡大

 ホリスティック情報誌『mar mar magazine(マーマーマガジン)』の主催者である服部みれい氏が世に広めた冷えとり健康法は、今やすっかりポピュラーな存在に。今年の秋も都内の有名雑貨店や百貨店でも、冷えとり用の靴下セットを数多く見かけることができ、冷えとり教の拡大を実感しました。絹と綿(もしくは毛)の靴下を重ね履きするという独自のお作法により、靴下メーカーも大分恩恵にあずかっていそうです。

 とはいえ、未だに私には冷えとり健康法の魅力が理解できないため、ぜひプロの目からの評価をいただきたい……と考え、いま試してもらっているところです。その体験談&考察はまた追って報告いたします!

1 2 3

山田ノジル

自然派、エコ、オーガニック、ホリスティック、○○セラピー、お話会。だいたいそんな感じのキーワード周辺に漂う、科学的根拠のないトンデモ健康法をウォッチング中。当サイトmessyの連載「スピリチュアル百鬼夜行」を元にした書籍を、来春発行予定。

twitter:@YamadaNojiru

Facebook