連載

1年で体重-12kg達成! 「方向性を絞って努力する」ために私が実践した3つのコツ

【この記事のキーワード】

STEP1:目標文を2部構成にする。文章の前半は、今年どんな新しい自分になりたいかを書く

 目標は頭で考えるだけでなく、実際に文章に起こすのがポイントです。目標文を書く場所は問いません。手帳でも壁掛けカレンダーでもパソコンでもスマホでも張り紙でも何でもいいです。ただ、それを自分がよく見るところに置いたり、貼り出すのは忘れずに! 目標文は、自分で何度も目にすることによって心により深く刻みこまれ、達成しやすくなりますので、頻繁に目にすればするほどいいです。

 そして目標文の前半は、〈今年はどんな自分になりたいかを書きます。たとえば私は近年、腰痛が悪化してつらかったので2015年の目標はまず「腰痛をマシにする」でした。ここで注目してもらいたいのは、決して最初から12㎏やせる! と目標を立てたわけではないことです。

STEP2:目標文の後半には、自分がワクワクできて、楽しみに思えることを盛りこむ

 この工程がキモなのですが、目標文の前半で書いた新しい自分になって、今まであきらめていたどのようなことを今年やりたいか? を書きます。

 たとえば私は、近年の腰痛の悪化や諸々の病状から出歩くことがおっくうになり、しかも人混みなんてとんでもない! という状態でした。ほぼ引きこもり、かつ寝たきりで、外出は病院に行くときのみでした。「引きこもった病気の寝たきりアラフォーとして、このままひっそり死んでいくんだな」という確信がありました。

 そんな私でしたが、死ぬ前に何かひとつ、ワクワクすることをやるとしたらなんだろう? と考えてみたんです。すると、「死ぬ前にもう一度だけでいいから、ライブに行きたい、かな……?」と漠然とですし、ハテナマーク付きではありましたが、思う自分がいたんですね。

 そこでとりあえず2015年、私の目標文の後半は「なんでもいいからライブにひとつ行く!」にしてみました。もちろんその時点ではそれが叶うなんて夢にも思っていませんでしたが。

 つなげると、「腰痛をマシにして、なんでもいいからライブにひとつ行く!」という目標文ができあがりますね。これでもまあまあよいのですが、達成しやすい目標としては、これではまだ足りません。

 ……このSTEP2をさらにブラッシュアップするにはどうすればいいか。そして、STEP3の詳細は次回に続きます!

(大和彩)

1 2

大和彩

米国の大学と美大を卒業後、日本で会社員に。しかし会社の倒産やリストラなどで次々職を失い貧困に陥いる。その状況をリアルタイムで発信したブログがきっかけとなり2013年6月より「messy」にて執筆活動を始める。著書『失職女子。 ~私がリストラされてから、生活保護を受給するまで(WAVE出版)』。現在はうつ、子宮内膜症、腫瘍、腰痛など闘病中。好きな食べ物は、熱いお茶。

『失職女子。 ~私がリストラされてから、生活保護を受給するまで(WAVE出版)』