ゴシップ

ゴマキ、上戸彩、眞鍋かをり…芸能界出産ラッシュにのった女性たちの2016年予想

【この記事のキーワード】

注目度50~80点

・蛯原友里(36)

 2015年11月4日、第一子となる男児を出産。「AneCan」(小学館)、「Domani」(同)で専属モデルを務めていることから、出産後も表紙を飾っている(出産前に撮ったものであろうか?)。今春にも本格復帰する可能性が高いのではないか。働く独身女性向けファッション誌でのモデルとして、私生活を明かさぬ方向性で変わらぬ活動をすることが出来るだろうし、あえてママ色を押し出す必要もなさそうだが、ブログでは意外なことに子育て絡みの記事を頻発している。「GUCCI♪」では神田うの(40)ばりに、お祝いでいただいたプレゼントの写真とお礼をアップしていたりするほか、「母への気持ち♪」では出産のために手伝いに来てくれていた実母とのツーショット写真をアップしつつ感謝を述べている。「成長を記録するために♪」では子どもの写真や動画を撮るためにスマホを新調したことが明かされており、すでにスマホに手を伸ばしている子どもの写真がアップされている。顔出しする予定はないのかもしれないが、これはもう少ししたら子連れ外出やハイハイの後ろ姿などの写真をアップしかねない勢いである。エビちゃん、それは危険だ。今年1回くらいネットで炎上しそうだ。

・はしのえみ(42)

 2015年10月16日、第一子となる女児を出産。ブログには出産直後から子どもの写真を堂々と顔出しで公開している。11月24日、1カ月でエルゴお出かけの様子を記事にしているが、辻希美と違って炎上しないのは彼女の持ち前のキャラゆえか。批判より応援が多い印象だ。というか、話題性が高くないのかもしれない。欽ちゃんファミリーの先輩である東MAX&安めぐみ夫妻宅を訪ねたときの様子もさほど話題にもならず。出産後2カ月となる12月16日には、産後初の仕事として『徹子の部屋』(テレビ朝日系)の収録に行ってきたことを綴っており、産休・育休トータル3カ月で、すでに仕事復帰している様子だ。子育てブログが穏やかに進行していくのはギャル曽根(30)枠というか。よほどの出来事がないかぎりママタレとして炎上はなさそうだ。

・佐藤江梨子(34)

 2015年8月、ブラジル人男性との間に第一子となる男児を出産。2月スタートの昼ドラ『嵐の涙~私たちに明日はある~』(フジテレビ系)で復帰することが2015年12月に報じられており、すでに撮影に取りかかっているようだ。アメブロは今年1月、妊娠を発表した時点で更新が止まっており、移転後のブログも出産の報告の記事以降更新がないが、ドラマスタートのタイミングで更新されるだろう。出産前にマタニティライフを綴っていたこともあり、子育ての記事もアップされることを期待したい。おそらく自然体で炎上してしまうタイプだ。

どっちに転ぶか?

・眞鍋かをり(35)

 2015年10月、第一子となる男児を出産。夫であり男児の父である吉井和哉(49)との婚姻届を提出したのが9月であること、吉井と前妻との間に4人の子どもがいること、またすでに吉井の“初孫”が産まれていることなども報道されており、しがらみが多い。かつてはブログの女王だった眞鍋だが、結婚発表以降は更新がほぼストップ。ママ属性を利用したママタレ化するかどうか、まだ方向性を検討中なのではないか。

2015年12月25日には、司会を務める予定の新春特番『歌う!人生ゲキジョー』(MBS・TBS系)の会見に出席。今年から本格復帰するようだ。会見では子育てについて「大変だ大変だとはうわさには聞いていたけれど、予想以上だなというのが正直な感想」とを語っていた。確かに生後2カ月の時期なんて、ろくに睡眠も取れてないだろう。大変さはよく分かる。が、出産の発表でも、折々の会見での発言でも、夫である吉井についての発言は皆無であり、不仲説まで報じられている。この状況でママ属性を押し出しても物議を醸すだけと本人も認識しているのか。一番気になるのは吉井の胸中だが……。

 そういえば、完全に芸能界から消えた、元ビッグダディ妻・美奈子(32)のことを久しぶりに思い出した。2015年5月に4度目の結婚をしたがさして話題にもならず。ブログを久しぶりに覗いてみたら仕事の告知は皆無となり大掃除の様子や自宅でのたこ焼きパーティの様子が綴られていた。生き馬の目を抜くママタレ界で生き残るのは至難の業である。
(ブログウォッチャー京子)

1 2

ブログウォッチャー京子

インスタウォッチが日課の子持ちライター。子供を寝かしつけながらうっかり自分も寝落ちしてしまうため、いつも明け方に目覚めて原稿を書いています

@watcherkyoko