連載

毎回身体を求める男性=最低? 紗倉まなも悩む「セックスの駆け引き」

【この記事のキーワード】

 女性に「身体目的」だなんて思われないためには、セックスする前の行動がかなり大事な要素になるのかもしれません。「あなたってセックスのことしか頭にないのね」と冷たく言い放ちたくなる男性は、“女性を喜ばせるための気遣い”が足りない気がします。ふつふつと湧き上がってきた性欲を「召し上がらせてください!」という誠意を持って、存分に態度で表してくれたら……。すぐさまその胸にダイブしたくなりませんか?

 ちなみに、「(結婚前の)男性のセックス頻度の理想」というアンケート調査によると、一番多い回答が“週2回”なのだそうです。これって、お互いに会社勤めで休日しか会えないケースであれば、会ったらほぼ確実にセックスしたいということになりますね。対して、女性の理想は“週1回”と、やはり男性よりも低い結果になっていました。あれ、でも、おかしいなあ。私の周りにいる女友達は「いつでもしたい~!」って子が多いんだけどな……(白目)。身体の相性だけでなく、セックスしたいタイミングも合えば、最強のカップルになれますね!

 さて、今回が2015年最後のコラムとなりました! 気付けば新年……もーいーくつ寝―るーとー、おしょーがつー♪ ですよ。あっという間や、あっという間や!!! お正月は佐野厄除け大師に礼拝しに行ったり、年末ジャンボ宝くじの当選番号を血眼になって追ったりしながら、のんびり過ごしたいと思います~。皆様も、良い年をお迎えください! あぢゅ~~~~~。

  backno.

 

1 2

紗倉まな

高等専門学校の土木科出身。18歳の誕生日の翌日に事務所に応募し、所属が決定。2011年にイメージビデオデビュー、翌年2月にAVデビューするや否や人気沸騰! SOD大賞2012では最優秀女優賞、優秀女優賞、最優秀セル作品賞、最優秀ノンパッケージ作品賞などなどを総なめで6冠を達成する。『ゴッドタン』キス我慢選手権でも「かわいすぎる」と話題☆

紗倉まなの工場萌え日記