連載

ベッキー&ゲス川谷不倫騒動はどこでも起こっている…小町の不倫トピ乱立現象

【この記事のキーワード】

「臨月です、浮気されてるような気がします」

 トピ主(30代女性)には夫との間に1人子どもがおり、トピ立ての時点(2015年11月)で第二子妊娠中の臨月だった。「最近、夫の行動に不審な点が見られるようになりました」という。それは「子供を寝かしつけながら私も一緒に寝てしまうことがほとんどなのですが、この2週間ほど、私たちが寝た後で夫が外出する」こと。「健康診断に向けウォーキングをしている」というが、なぜか車の鍵と携帯電話を持って出て行くという。トピ主は観察を続けてみた。すると、そっと家を出た後は1時間半ほど、車の中にいたのだという。おいおい健康診断どうなった。

「夫は真面目な性格で、結婚してから5年、浮気の心配などはしたことがありません。温和なタイプではないけれど、ちゃんと優しさを持っており、娘の良き遊び相手です。ですが、ウォーキングを始めた頃から、私や娘に対して『閉ざした』感じになり、口数も減りました」

「滅多に行かないのに『友人に飲みに誘われ参加したい』『里帰りをもう少し早めたら?』などなど、言動をつなげていくと、浮気のための段取りに思えてならないのです」

 こういう場合、皆様ならどうするか? という相談だ。これだけではハッキリしないが、さすが小町、「限りなくクロ」「悲しいけどそういう勘って当たる」など、ほぼ夫の不倫を疑う声でコメントは埋まった。そんな中、トピ主は2人分のランチの領収書を発見し、さらに不倫の疑惑を深めていく。証拠を掴むために購入したボイスレコーダーを仕掛けたところ、意外なほどアッサリと不倫相手との密会の様子が録音できてしまった。

 トピ主は調査会社に電話をしてみたが依頼できなかった。「はじめは面白半分で証拠探しとかしていたのに、精神的にきつくなってきました。何の罪もない娘に厳しく接してしまうのが情けなくて苦しくて。証拠を抑えるとか万全の体制でとか、全て投げ出して今すぐ夫を責め立てたいです」と悩みは深くなる。もうすぐ2人目が産まれるので離婚はしたくないという気持ちもあるためだろう。

 その後、トピ主は里帰り出産し、つかの間の安息(?)を得るが、タイミングがあったことから夫と話し合いを重ねたところ、「(妻を)女性として見れない」「うまくやっていけるとも思えない」と言われ、最終的に「離婚したい」と切り出されてしまった。いやいや有責者が第二子誕生のタイミングでそれを言うって……。妊娠~子育て大忙し中に不倫する夫には頭に来る。

1 2 3 4

ブログウォッチャー京子

インスタウォッチが日課の子持ちライター。子供を寝かしつけながらうっかり自分も寝落ちしてしまうため、いつも明け方に目覚めて原稿を書いています

@watcherkyoko