連載

「娘にイライラ自律神経失調症」「子育ては実母に頼みたい」母親たちの誰にも言えない本音

【この記事のキーワード】

「仕事復帰しちゃいけないですか?」

 トピ主(42歳・ワーママ)は同い年の夫との間に、3歳、0歳の双子、計3人の子供がいる。夫は年収1200万、トピ主は700万ほどだが現在は時短勤務で500万ほど。すごい高収入な夫婦だ! 羨ましい! と思うが、実態はそう単純ではないからトピ主は悩みに悩んでいる。

 昨年4月、トピ主は双子の育休から仕事に復帰した。実は双子妊娠が分かったときから、夫や職場、家族などとにかく周囲から「仕事復帰は無理、よくばりすぎ、しばらく子育てに専念すべき」と言われ続けているのだが、トピ主が双子0歳入園での復帰を押し切ったため、夫は保育園の送迎などに協力してくれない。上の子も病気がちで、トピ立ての前月は子供3人が揃って保育園に行けたのは2日だけだったという。夫は「トピ主が3年育休をとり、子どもが3歳になったら復帰すればいい」という考えだ。双子妊娠中からトピ立て現在まで、遠方に住む実母に泊まり込みで手伝いに来てもらい、家事育児の手伝いを頼んでいるが、実母は「人の人生をめちゃくちゃにするな、自分の家に帰りたい、子育ては自分たちでなんとかしなさい」と言い、もう実家に帰ることを告げられた。まあ実母の言い分はわかる。こうしてトピ主は八方塞がりになってしまった。

 トピ主は働きたい理由をいくつもあげる。

「自分が育児に向かない、仕事をしてるほうが好きというのは認めます。本音を言うと時短勤務も早々にやめて、保育園で夜ごはんまで食べさせてもらいたいと思っています。私は料理は苦手だし、自分の夕食はいつも菓子パンとかコンビニで買ったものです。子どもはいつもうどんです」

「今ふんばれば、管理職候補で出世もできるという気持ちがあります」

「家庭に入っても夫は私に家計を任せてくれません。生活費もいくらくれるか具体的に言ってくれませんし。自分の自由になるお金がない生活ができる自信もありません。生活費だけもらい、子育てに追われ、美容院にも行けず、髪もぼさぼさで街中へでるようになると思うだけで恐怖を感じます」

 さて、こんな自分は欲張りか? という相談だ。

 仕事で出世したいのは普通の欲望で、全然欲張りではないと思うが、頼りきりな実母がもう実家へ帰る以上、何らかの対策を打たねばならない状況ではあるだろう。上の子はそろそろ病気も少なくなってくる頃だが、0歳児はまだ免疫が弱く、登園させても病気をもらってしまい保育園から“早くお迎えにきて下さい”という電話が頻繁にかかってくる時期だ。シッター(病児保育含む)やファミサポと契約し、もしものときの代打を揃えておかなければならないのでは。というか、逆に言えば、それだけ世帯収入があるのだし、シッターなり何なり様々な保育補助を有効活用すれば、なんとかなるようにも思う。コメントでも「管理職候補なら先行投資としてシッターを雇うべき」という意見が見られた。

 が、やはりトピ主の「母としての資質」を問う厳しいコメントも多い。「一番の心配事は自分が自由になる金についてですか。トピ主には出世は無理です。子供のご飯にすら気を回したくないんですか。無計画に子供なんか作るべきではなかったです」「母になったんだから、子供に責任持つべきです。0歳双子を預けて仕事復帰なんて、どれだけ愛情が無いんですか?!」など、“母親なのだからちゃんと育児せよ”という意見だ。でも、それ夫にも言えるんじゃないの? 「お前が好きで働いてるんだから全部自分でやれよ」っていう夫の態度が問題視されないのは不思議だ。

 さてさて一方のトピ主は、希望を叶えるための現実的な手段であるシッター利用に難色を示す。おいおい、このあたりからトピ主の「あれれ?」な面が目につき始めたぞ。

1 2 3

ブログウォッチャー京子

インスタウォッチが日課の子持ちライター。子供を寝かしつけながらうっかり自分も寝落ちしてしまうため、いつも明け方に目覚めて原稿を書いています

@watcherkyoko