連載

黄色い潮、フェラ中の居眠り…紗倉まな「セックスの失敗はネタにして成仏」

【この記事のキーワード】

mana0201s

左手キャワイイ☆

よくありがちな失敗編

・エロいことをしている最中に寝てしまった。

 フェラをしている時に寝てしまった――している女性だけでなく、されている男性側にも起こりがちな失敗だというのです。たしかにわからなくもないけど、よっぽどリラックスしているのか、淡々とした実務作業と化してしまっているのか、それとも相当疲れているのか……。気分はマッサージ感覚なのかもしれませんが、一生懸命フェラしているのに寝られたら、叩き起こしたくなりますよね(涙)。フェラは“性欲がギラギラしている時にすべし”という極意を肝に命じようと思います……。

・ムダ毛処理の怠り。

 私としては、剃り残しで一番恥ずかしい部位は脚です。特に、剃ってから三日後くらいの少し生えかけの段階だと、相手と脚を絡めあった時に、チクチクしてめちゃくちゃ後悔するんです……。肌を痛めることなく、お風呂場以外でもとっさに毛の処理ができるグッズがあったら即買いするのに。そんな素晴らしいグッズがあったら、絶対、絶対売れるのに……!

 ちなみに、現在VIOラインの脱毛体験をしている私の剛毛ちゃんは、最近コンディションが良いです。

・違う人の名前を言ってしまった

 これはもう「ザ・失敗」ですよね。相手の耳が相当悪いという好条件以外では、決して逃れることはできない現実です(白目)。

 「うわあ、やってしまった……」なんて表情を出してしまった時点で、こちらの負け。こういう時は、潔く「なんちって☆」的なお茶目な顔をしてやり過ごしましょう。言われた側も、「昔飼っていた犬の名前かな?」なんてポジティブに思いながら、空耳としてやり過ごすことを強くおすすめします。平和主義なら、の話ですが……。名前間違えたって仕方ないぜ、人間だもの。

・おりものシートの剥がし忘れ

 私の中では、下着の上下が違うことくらい男性に見られると恥ずかしい「おりものシート」。シートに何もヨゴレがついていない状態ならまだしも、ちょっとおりものが付いていたり残血があったりすると、一気に気まずくなりますよね。男性の皆様にとっては「ナプキンとどう違うの?」と不思議に思うかもしれませんが、おりものシートって薄いから、つい剥がし忘れがちになってしまうんだYO!(涙)ベッドインする前にトイレに行く習慣をつけることも大切なのかもしれません。

 ……と、皆様もいろんな経験をされていますが、紗倉もこれまで「これは恥ずかしかった」「やっちゃった」なんて失敗はたくさんあります。本当に恥ずかしかったのか記憶から抹消している事件も多々あるのですが、覚えているものでいくつかご紹介したいと思います。

1 2 3

紗倉まな

高等専門学校の土木科出身。18歳の誕生日の翌日に事務所に応募し、所属が決定。2011年にイメージビデオデビュー、翌年2月にAVデビューするや否や人気沸騰! SOD大賞2012では最優秀女優賞、優秀女優賞、最優秀セル作品賞、最優秀ノンパッケージ作品賞などなどを総なめで6冠を達成する。『ゴッドタン』キス我慢選手権でも「かわいすぎる」と話題☆

紗倉まなの工場萌え日記