連載

自宅に男をおびき寄せたものの…バレンタインデーセックスの絶望

【この記事のキーワード】

さよなら、ゆうくん…

 待ち焦がれていたゆうくんとのセックス――いざ挿入すると30秒ほどでイッてしまいました。私ではなく、ゆうくんが。5回程度ピストンしただけだったと思います。

 ちんちんの感触をほぼ味わえなかった私は絶望感に襲われていましたが、ゆうくんは「秒殺されたわー(笑)」と嬉しそうです。そしてゴムを外し、ティッシュでちんちんをサッと拭くと、彼は「ねえ、フェラしてよ」とリクエスト。

 「30秒でイッてその直後にフェラ要求って何様だよ!」と興ざめしましたが、「早漏だけどフェラすればすぐ復活するタイプなのかな?」とも思った私は、ゆうくんのちんちんに顔を近づけながらフェラの体勢に。しかし、そこでゆうくんのちん毛に一筋の白髪があるのを発見してしまったのです……。

 超早漏なのは仕方ないし、フェラが好きなのも悪いことではないし、27歳だって若白髪がある人はいっぱいいるんだから、それがちん毛にまで及ぶこともあるはず。ただ、その3つ全てが一気に目の前に現れたことで、これまでゆうくんに抱いていた性欲がゼロになってしまいました。せめてどれかひとつだけなら、ここまで気が滅入ることもなかったかもしれません。

 ドキドキワクワクしながら臨んだバレンタインデーでしたが、まさかのトリプルコンボに見舞われ、ままならないものに終わりました。もし、また誰かにバレンタインチョコをあげたいと思える時がきたら、今度こそ素敵な思い出ができるといいなと思っています。

(Lollipop-Rumiko)

backno.

 

1 2 3

Lollipop-Rumiko

通称ロリルミ。中学1年で済ませた初体験を皮切りにビッチ街道を突っ走ってきたが、ここ数年それに疑問を感じ始めている26歳。しかしまだ完全にビッチを卒業することはできず。好きな男性のタイプは、ちょっとSなクンニスト。最近の悩みは、夕方になるにつれてクッキリしてくるほうれい線と、過度の飲酒と白米の食べ過ぎによってできた腰回りのぜい肉。