ライフ

風俗店の体験入店を辞退したら「法的処置も考える」と脅された、とある風俗嬢の話

【この記事のキーワード】

お店からの要求に従うべきなのか

法的処置って訴えられるってこと? 一応前日に連絡は入れたし、その時は「仕方ないですね」と言っていたのにどうして今更? 前日のキャンセル対応にお金なんてかかるの? 面接の時も、体験入店を辞退したらペナルティがあるなんて言ってなかったのに……。

こうした思いが頭の中を駆け巡りながらも、お客さんへのキャンセル対応で迷惑を掛けてしまったのは事実だろうから、もし本当に被害額を請求されたら一体いくらになるんだろう……と、とても怖くなりました。

そして慌てて風俗店のトラブルに詳しい知人に連絡を取り、相談しました。

以後、その知人とのやり取りです。

知人「基本無視してしまって大丈夫です。印鑑を押した契約書があるわけでもないし、取りやめの意思表示をしたのだから、相手にしなくても問題ありません。法的というキーワードでビビらせて、連絡を入れさせ、そのまま在籍確定したいだけだと思うので」

私「向こうに住所を知られているし、モザイクをかけるという約束でHPに載せる写真も撮らせてしまったんですが大丈夫ですかね……?嫌がらせでモザイク無しの写真を載せて連絡させようとしたりとか……」

知人「万が一写真を使って脅すようなことをしてきたら逆に名誉毀損で訴えることができるので、今は相手からのメールやLINEを保存しておいてください。電話が掛かってきても出なくていいけど、出るなら録音推奨です。おそらく現場レベルでバックレ対策として煽りを入れてるだけだと思うので、深追いはしてこないと思いますよ」

このアドバイスをもとに、そのままお店には連絡をせずに放置することにしました。その後はお店側から連絡が来ることもなく、HPに載せられたままだった私のモザイク入りの写真もいつの間にか消えていました。

結果何事も無く済んだわけですが、ちゃんとした覚悟もないままに体験入店を決めてしまい、辞退の意向を向こうが納得するまできちんと連絡を取り合わなかった私の無責任さのために起こったトラブルなので、自分の考えの無さを心底反省しました。

風俗業界にいると、勤務シフトは基本的に自分で自由に決められるし、働いたその日に数万円の高収入がもらえ、たとえ入店したお店が合わなくても求人サイトを見れば毎日何千件も求人情報が載っているのですぐに辞めても、職場を移れば食べることには困りません。そのため、自分自身をしっかり律していないと働くことに対してどんどんルーズになっていってしまうのです。

私も例外ではありませんでした。少しずつ自分に甘くなっていき、「嫌ならすぐ辞めればいい」と昼職の感覚からは逸脱した考えを持つようになり、この業界の甘い蜜の部分にすっかりハマっていたのです。

この件があってから、初心を思い出してもっと慎重になろう、ルーズになっていた部分は直していこうと気持ちを引き締めるようになりました。

1 2 3