ライフ

対外発信を意識した特徴的な取り組みは多い。でも何をしたいのかわからない…女性活躍推進法チェック【中部ブロック】

【この記事のキーワード】

バランスの良い、優しい山梨県

山梨県は、とてもバランス良く取り組んでいます。あまり攻めた事業はないものの、就職や再就職、子育て・介護など必要な情報が端的にまとめられています。

特徴的なのは山梨県内で活躍されている女性の紹介・インタビューでした。57名の女性が紹介されていますが、

デザイナー
・子育てサークルの代表
・醸造家(ワインを作っている方)
・女子ホッケー国際審判員

などなど、幅広いキャリアの女性が、自分の人生観や仕事の内容について答えています。「醸造家」が普通にいるあたりが、山梨らしいな、と感じますね。

また、「女子ホッケー国際審判員」という変わったご職業の方のインタビューもあり、思わず読んでしまいました。インタビューの内容も充実しており、『情熱大陸』(毎日放送)や『プロフェッショナル』(NHK)をみているような気分になれました。気付いたら57個全て読んでいました! このインタビューがどれだけ「女性活躍」を後押しするのかはわかりませんが、少なくとも他の都道府県と比較してもコンテンツの質は高いことがわかりました。

女性を対象としたイベントも、

・ジビエ(鹿肉)を味わってみよう!
・カラダにやさしいバレンタインデーのお菓子作り

など、肩肘の張らないイベントが多く、これなら気軽に参加できそうです。山梨県は、とてもバランスが良く、優しい県の印象を受けました。しかし、やはり気になるのはこれらの事業がどれだけ「女性活躍」に繋がるのか、です。ただ交流するだけでは、女性の働きやすさを意識する企業は増えないのではないでしょうか?

<山梨県 まとめ>
総合評価  ○
女性目線  ○
お役立ち度 ○
デザイン性 ○

・コメント
バランスの良い取り組み。コンテンツの質は高い。

1 2 3 4 5 6 7