連載

早漏のポークビッツ好きも! 女性たちに聞いた「セックスの理想的な条件」

【この記事のキーワード】

■ポークビッツLOVE

「挿入の気持ちよさがまったくわからなくて、挿れなくてもいいくらい。むしろ体に入ってくる感覚が不快なんです。でも途中までして挿入しない人ってなかなかいないじゃないですか。なので入ってるのかわからないくらい小さいちんちんがいいです。友達に『彼氏のちんちんが小さくて感じない』っていう話を聞くと羨ましいなと思います。なおかつ早漏だったらすごく嬉しい」(25歳/フリーター)

 男性のコンプレックスとして挙げられることの多い「ちんちんが小さい」「早漏」ですが、その両方を求めている人もいるんですね。ポークビッツ×早漏男性が彼女のような女性と付き合えたら、2人ともハッピー!

■唾液除外

「たとえ好きな人のものだとしても、他人の唾液が苦手で。だからディープキスとか、おっぱいやアソコを舐めるのが嫌いな人じゃないと無理。自分が舐めるのは平気なんですけどね」(30歳/美容部員)

 彼女の理想のセックスは「軽いキス→手マン(+相手に求められればフェラ)→挿入」なんだそうです。愛撫するのを面倒くさいと感じる男性にとっては嬉しい存在なのでは?

 本当に人それぞれなセックスへのこだわり。人によってこれだけ求めることが違うとなると、「相性がいい」と思える相手とのセックスができている人はかなりラッキーなのかもしれませんね。

 backno.

 

1 2

Lollipop-Rumiko

通称ロリルミ。中学1年で済ませた初体験を皮切りにビッチ街道を突っ走ってきたが、ここ数年それに疑問を感じ始めている26歳。しかしまだ完全にビッチを卒業することはできず。好きな男性のタイプは、ちょっとSなクンニスト。最近の悩みは、夕方になるにつれてクッキリしてくるほうれい線と、過度の飲酒と白米の食べ過ぎによってできた腰回りのぜい肉。