ゴシップ

桐谷美玲も修正しまくり! 日本で一番美しい顔の「最大の不安要素」

【この記事のキーワード】

 桐谷の汚肌の原因は、『徹子の部屋』(テレビ朝日系)に出演した際に「焼き肉をがっつり食べない女性にがっかりする」とコメントするほどの“大食い”にあるだろう。桐谷のような痩せの大食い体質には胃下垂で消化不良のケースが多く、胃や腸が荒れると肌トラブルを引き起こしやすい。好物は揚げ物、肉、辛いものだそうだが、食生活の改善は最優先事項だろう。

 桐谷といえば、2014年米映画サイト・TC Candlerの「世界で最も美しい顔ランキング」にて日本人最高の8位にランクインし、日本で一番美しい顔と評されている。さらに、163.5cm・39kgという痩身にも関わらず、胸は推定Dカップと「奇跡のスタイル」と言われることもしばしば。素材の良さは芸能界でも群を抜いているにも関わらず、なぜ“汚肌”を放置しているのか不思議でならない。もとが良すぎるがゆえの余裕なのか、修正技術に甘えているのか、はたまた仕事の多忙でクリニックやサロンを訪れることが難しいのか。

 仕事の際はプロのヘアメイク技術によってブツブツを隠すことができ、雑誌やSNSでは修正を施して美肌を作れる。しかし実物を拝見した限りでは、根本的な治療と休養が必要なのではないかと思わされた。同じ事務所の看板・堀北真希(27)が結婚した今、桐谷の露出増加は目に見えているが、事務所は仕事を詰め込む前に、彼女の肌改善に勤しむべきだろう。まずは一言「食生活を見直してみない?」と彼女に提案していただきたい。

(夏木バリ)

1 2