カラダ・美容

妊婦の性欲、どうしたものか。オナニーor不倫セックスor性風俗、全部ダメなら…

【この記事のキーワード】

セックスレス中の風俗利用、女もしたいなあ

 男性同様、風俗店のように合法的に解決できる手段が用意されていれば良いのですが、妊娠中の体を得体の知れない初対面のオッサンに晒すなんて不安や緊張で性欲解消とは程遠いだろうし、何より恐ろしすぎてちょっと無理。こんなこともあるし……挿入NGのはずが…「女性向け性感マッサージ」で体験した恐怖)。

 二度の妊娠中、私は持て余した性欲の行き場が、どこにもありませんでした。妊娠中でも旦那と問題なくばっちりセックスしていたご夫婦はいるでしょうけど、そこで旦那に拒否されてしまうと結構困ります。

 逆に妊婦側からの「妊娠中はお腹の赤ちゃんに何かあったら怖いから全然セックスをしたくならなかった」とか、「旦那の求めに応じてやってたけど、赤ちゃんが気になって楽しめなかった」といった声もあるので、妻の妊娠中に妻側の拒否によってレスになり、悶々とした夫、というパターンも多いかと思います。

 その結果、「妻は家族だから、セックスとかそういうんじゃなくてさ」という口説き文句で、女性を不倫に誘う男性に、私自身も会ったことがあります。そういえば今年は、相手が5人とも50人とも言われている乙武洋匡さんの不倫騒動が話題になりましたが、彼は「週刊新潮」の取材に対し、不倫のきっかけを「妻が母になり、夫婦らしさみたいなものが次第に失われていって」と答えていましたしね。乙武さんがどういうつもりで不倫していたのかはわかりません。ですが、どうしようもない性欲解消の手段だったとしたら……と思うと、“セックス紳士”にぐらついた私は、はたして彼を糾弾できるのでしょうか。

 やりたい妊婦、やりたくない妊婦、やりたい夫、やりたがらない夫、どれもあります。で、それぞれのカップルが抱える問題を解消すべく、安心安全に利用できる性風俗が(女性用も)あればいいのになあ〜、と思うのでした。

 特段妊婦については、妊婦ってだけで「ひとりの体じゃないんだから」とか「お腹の赤ちゃんを虐待してます!」とか何とか言われるなど、ただでさえ色々な我慢が強いられます。その間、夫は一切変わらず生活できるのに。将来、産婦人科併設の医師お墨付き妊婦専用風俗店ができることを、願ってやみません。

 と言いつつ、出産後はエストロゲンがカラッカラになり、比例してプロゲステロン、別名“ブスホルモン”が増加。可愛い可愛い赤ちゃん以外の世の中全てに嫌悪感を抱き、性欲どころか夫がゴミ製造機(毛とか足の裏の皮膚とかすごい落とすから)に見えてヤバいことになるのですが、それはまた、別のおはなし。

1 2 3

有屋町はる

AVメーカー広報、実話誌編集を経てフリーライターに。現在は週刊誌にて、中年男性目線の芸能記事やピンク記事を中心に執筆中。U15アイドル周辺が好き。