連載

誰か無職に人生相談してくれませんか? 読者のお便りを募集中

【この記事のキーワード】

何故僕は誰からも人生相談されないのか

ともかくそんな試行錯誤をへて、苦労しながら人生相談しているというのに、みなさんは何ですか。

最近は人生相談にマトモに答えずに、僕の人生相談自体にケチつけて、こんな内容で原稿料貰ってるのかとか、批判ばっかりじゃないですか。

……ここで一つ一つのコメントを取り上げて、揚げ足を取ったり突っ込んだりして、またそれに反応が返ってきて、というのを繰り返すのも、なんだか不毛で生産的ではないので、やらないですけど。

あなた方には、人生相談されるありがたみとか、感謝の気持ちはないんですか?

僕はね、人生で今まで一度だって人生相談されたことがないんですよ。

まぁ、当然ですよね。無職だし、ダメ人間だし、こんな人間に何か教えを請おうとか、そんなこと思う人間、いる訳がない。

だから僕は皆さんがうらやましいですよ。

だって人生相談されるって最高じゃないですか? 気分良くないですか? 僕は今まで生きてきて、人生相談してる場面に何度か出くわしたことがあります。そのたびに、ああ、うらやましいなぁ、僕も人生相談されてみたいなぁ、と思いながら生きてきました。

離婚しようと思ってるとか、夫が癌で死にそうだとか、そういう重い相談とか、就活の相談でも何でもいい、とにかく相談されたかったんです。なのに、誰一人として僕に人生相談してくれない。

そう、どうやら、人生相談されるには、何か「格」のようなものが必要らしいのです。

やっぱり、人生相談される側に回るためには、人生で相応の成功を収めてないといけないらしい。成功してる作家とか、芸能人とか、経営者とか、何でもいいから「格上」の人間じゃないと、人生相談されないようなのです。現実の場面でも、例えば学生にしても、成績が良いとか、皆から一目置かれてるとか、そういう奴が相談を受けていた。先生だって、ただの人気者ってだけじゃダメで、何か重みとか怖さとかそういうののある人が、生徒から相談を受けていたと思います。

僕にはそういうのが一切ないんです。一目置かれたことが全くない。だから誰からも人生相談されない。

29年間、誰からも人生相談されずに生きてきた人間の悩みが、あなたたちにはわからないんですか?

……ここまで書いてきて、いいことに気がつきました。

これを、今回の相談にすればいいのだ、と。

人生相談してくれませんか?

そう、コメント欄でちょこちょこ自分語りしてる人もいるし、もっといい文章が書けるから、かわりに私に連載させろっていう人もいる。

皆さんはもしかして、僕のかわりに人生相談がしたいんじゃないでしょうか。

とすれば、発想を転換すればいいわけです。

毎回毎回僕が人生相談して、それに答える、そんな関係に皆さんも飽き飽きしてきたんじゃないでしょうか。

僕もこの連載が終わるまでに、一回くらいは、人生相談に答える役に回ってみたいんです。

どうでしょうか。

皆さん、僕に人生相談をしてくれませんか?

我ながら実に良いアイデアだと思います。

僕がどういう人間かということは、これまで一年連載してきたので、皆さんも既に十分おわかりのことかと思います。

そもそも、立派な人間にしか人生相談してはいけない、なんて誰が決めたんでしょう?

そんなものは、ただの固定観念に過ぎません。

ダメでどうしょうもない、人間の屑みたいな僕にだって、誰か人生相談しても良いんじゃないでしょうか?

というわけで、どなたか、僕に人生相談をして頂けないでしょうか。できるだけ詳しく教えてください。コメント欄への投稿が難しい場合は、フォームにお送り下さい。

ぜひ、よろしくお願いします。

botton

1 2

奥山村人

1987年生まれ。京都在住。口癖は「死にたい」で、よく人から言われる言葉は「いつ死ぬの?」。

@dame_murahito

http://d.hatena.ne.jp/murahito/