カルチャー

【エロメン☆タイム】強引な一徹による「高度すぎるアメとムチ」!

【この記事のキーワード】

 家に着くなり襲われてもおかしくない状況ですが、そんな肉食系AVではございません。正太郎は御曹司パワーを発揮して手に入れたYUZURUのサイン入りCDを、「これで許してくれよ、なっ」とプレゼントしたのです。しかし、まさみは喜ぶどころか「YUZURUのサインはそんなに軽いものじゃないんです……バカにしないでください!」と逆上。複雑なファン心を正太郎がわかるはずもなく、

「面白い奴だなあ。ますます好きになっちゃうよ」
「今日から君は、俺の彼女ね」
「YUZURU、YUZURUってそんな男よりも、触れられる男のほうがいいに決まってるでしょ」

 と強引に言いくるめてキスを迫るも、突き飛ばされてしまいます。そりゃそうだ。しかし、それでも諦めない鉄のハート・正太郎は、帰ろうとするまさみに「待って。俺はそこらにいる男とは違う。一般男性をどうしても愛せないっていうなら、俺がその病気、治してあげる」なんてトドメの一撃! 普通なら「うざい」の三文字で動画を静止してしまう展開ですが、正太郎のお育ちの良さそうな口調や仕草にまんまと引き込まれます。ハマり役ですね!

 その後は、事あるごとにまさみを家に連れ込み、YUZURUの最新CDやグッズを見せたり、YUZURUコスプレを着てみたり(!!)。必死に歩み寄る正太郎の姿を微笑ましく見ていると、ある日改まってまさみと向き合おうとします。もちろん愛の告白です。

 胸キュン必至の熱い気持ちを伝えた後、まさみを抱きしめてみると……微動だにしません。これには正太郎も驚き「逃げないの?」と聞いてみると、「何だか向山さん(正太郎)だったらいいかなって」……いいよね!!!

1 2 3