ゴシップ

セクシーK-POPアイドルに見る、韓流アイドルと付き合う最も確実な方法

【この記事のキーワード】

「宗教をきっかけに結婚する韓国人スターは珍しくなく、2001年にヒットを飛ばした女性歌手JADUも先日、彼女が通う教会の牧師さんと結婚したばかり。そして、海外に向かう宣教師の数はアメリカに次いで多いとされ、第三世界でボランティア活動を兼ねた布教活動を行う若者も目立ちます。2007年、アフガニスタンで布教活動を行っていた若者が武装勢力に拘束された事件は、日本でも大きく報道されましたよね」(K-POPライター)

 また布教のターゲットには日本も含まれるのだとか。

「大久保駅近くに、日本国内では最大手の韓国系プロテスタント教会があり、新教会堂が建てられた際のオープニング・イベントでは、ドラマ『冬のソナタ』関係者からビデオメッセージが寄せられました。で、彼が『このドラマは、キリスト教布教のために作った』という趣旨の発言をすると、会場からは大きな拍手が。現場に居合わせた僕は『韓流も宣教のネタかよ!?』と唖然となるしかありませんでした」(同ライター)

 ライター氏の一連のコメントを見れば、ソネの「布教→宣教師とラブラブ」も、韓国的にはごく自然な流れと分かります。とはいえ、現役アイドルの結婚はやっぱりWONDER! そんなWONDERなグループから教訓を得るなら、「韓流スターとお近づきになりたきゃ入信せよ」ってことでしょうか。彼の通う教会に行って「アーメン」と声を揃えたら、スターとファンの壁なんてすぐ乗り越えられますよ。だって、神の下ではみな等しく神の子なのですから。

本文中の写真は、WONDER GIRLの初期メンバー、ヒョナがフューチャリングされた「江南スタイル」 YouTubeより

今週の担当=佐々木薫
アラフォーのK-POP大好きっ子。フィリピン・ディスコでK-POPに合わせてフィーバーするのが楽しみ。教会では「アーメン」と唱えるタイミングがつかめず苦労しています。

【チーム裏韓流バックナンバー】
第1回/ついに結婚のイ・ビョンホン、披露宴参列の俳優とドロドロ愛憎劇?
第2回/「ももクロ」パクリ疑惑のK-POPアイドルグループに真偽を問うも…
第3回/宇宙から舞い降りたオオカミ少年団!? イケメンK-POPグループのキャラ迷走
第4回/イ・ビョンホンの元カノ女優が男断ち宣言! 今さら「結婚まで純潔を守る」!?

1 2