連載

それ何の役に立つの? スピ界は「トンデモ・アドバイザー養成講座」の宝庫

【この記事のキーワード】

その2 JSTA認定性愛セラピストトレーナー

 子宮系女子のひとりである、田中みっち氏の経験を詰め込んだ性愛学と性愛セラピー学科などを、約1年間(受講時間は48時間)学ぶと、各地でのお話会開催、講師活動、性愛セラピスト勉強会の開催、協会代表としての講演活動ができるとのことです。

 カリキュラムメニューリストの中に登場する「姫マインド」「下女(げじょ)マインド」「子宮メソッド」なる単語に、しょうもなさがにじみ出ておりますね。そもそも一生をかけてもなお、真理に到達することが難しそうな〈性愛〉を、48時間で会得できちゃっていいんでしょうか。〈プロ〉って一体何なのでしょう。

【認定資格の詳細】
「性愛」のプロとして全国に「性を語る安全な場」を構築し、また個人の人生に起こりうる悩み、性愛の課題をサポートできるカウンセリングノウハウを学びます。卒業後は性愛を専門とするセラピスト、カウンセラーとして、当協会認定セラピストとしてビジネスを展開いただくことができます。(協会
HPより引用)

料金】
627万円。

その3 布ナプキンアドバイザー

布ナプキンアドバイザー養成講座〉を受講して認定試験に合格すると、〈布ナプキン手づくりワークショップの講師として布ナプキンの普及活動に携わることができ、公式にメイド・イン・アースの純オーガニックコットン布ナプキンの販売窓口になれるそうです。どうしてもメイド・イン・アースに携わりたい! という人以外、何のメリットがあるのかよく分かりません。布をチクチク縫い上げた雑貨を販売するのに本来は何の資格もいらないでしょうし、知識も独学でいくらでも身につきそうですし。それともほっこり界で、箔がつくのか?

【認定資格の詳細】
メイド・イン・アース、他主催のワークショップの講師スタッフ体験活動、認定アドバイザー主催ワークショップ情報のメイド・イン・アースホームページなどでの告知。ワークショップを開催する際の「手作りキット」、販売用「メイド・イン・アースの布ナプキン製品」特別価格での提供。

料金】
講座は
2日間(全10時間)で37,800円(税込)。試験の受講料3,000円。「MIE布ナプキンアドバイザー認定証」の発行(入会金 2,000 年会費 3,000)

1 2 3

山田ノジル

自然派、エコ、オーガニック、ホリスティック、○○セラピー、お話会。だいたいそんな感じのキーワード周辺に漂う、科学的根拠のないトンデモ健康法をウォッチング中。当サイトmessyの連載「スピリチュアル百鬼夜行」を元にした書籍を、来春発行予定。

twitter:@YamadaNojiru

Facebook