ゴシップ

KinKi Kidsがゲストそっちのけで「手つなぎ」「愛の叫び」イチャつき過ぎてファン悶絶!!

【この記事のキーワード】

「同番組ではほかにもゲストそっちのけの回があり、八代亜紀が来た時が印象的でしたね。きゃりーぱみゅぱみゅみたいになりたいという八代に、原宿の個性的なショップで八代に合うアイテムを堂本光一と剛が探していたんですけど、途中から光一が『剛くんこれ普通にかぶってそう』といって剛に帽子を勧めたり、リボンのカチューシャを付けさせたりとやりたい放題。芸能界の大先輩が横にいるにも関わらず相変わらず2人の世界に入ってイチャついていました」(同)

 菊池桃子がゲストに来たときは、光一が苦手だという「トリュフ塩」を剛が光一の顔の前に近づけるという小学生のようなイタズラを何度も行っていた。しかも、両者の間に立っている菊池越しにじゃれ合うという、完全なゲストそっちのけで。

「キンキの2人の信頼関係は、熟練のお笑い芸人のボケとツッコミのようなもの。よく喋り、話が上手いものの、まとめるのが苦手な“ボケ”の剛と、話が上手いわけではないが与えられた仕事をきちんとこなし、場をまとめ上げるのが得意な“ツッコミ”の光一なのです。その関係は2人もよく理解していて、15年から16年にかけてのライブ『2015-2016 Concert KinKi Kids』ではMCの時に剛が『剛派とか光一派とか色々あるんか知らんけどそんなしょうもないことやめてキンキ派でいてください。シンプルにKinKi Kidsを愛してください』と言っていました。これは2人で1つという何よりの宣言なのでしょうね」(同)

 今年で結成23年を迎えますます仲の良さ、そしてコンビネーションに磨きがかかるキンキ。これからのさらなる活躍とイチャつきに注目だ。

1 2