ゴシップ

今や批評家となったオリラジ中田がテリー伊藤を完全論破で「第2のテリー」化?「正直ウザイ」の声も

【この記事のキーワード】

「この日の中田とテリーのやり取りは話題になりましたね。中田の圧倒的な正論が口の上手いテリーをやり込める様子は『あっちゃんやっぱり頭いいわ』『テリー完敗じゃないすか』『ものすごくわかりやすい論破の瞬間を見た!』『理屈の通った正論で論破してくれるとスッキリするわ』と世間でも話題になりました」(芸能誌ライター)

 中田は以前も同番組内で、タレントのベッキーとゲスの極み乙女・川谷絵音の不倫騒動について取り上げた際も周囲を論破。ベッキーが週刊文春編集部へ直筆の手紙を送ったことや、記者会見で質疑応答を受け付けない一方的な経緯の説明で終わらせたことについて「ベッキーは公的になにも話していないし、本当のことを言っていない。(川谷の)奥さんや文春に渡す手紙はプライベートなもの。それが間接的に世間に広まることを狙ってるところが、あざとい」「だから奥さんは謝罪を受け付けないのでは」とはっきりとベッキーのやり方を否定していた。

 これに対しMCの真矢みきが「最善の礼は尽くしてるのでは」とベッキーをフォローすると「だったら公的に認めるべき。まだ一度も認めていない」と反論。さらに真矢が「私たちは何も被害受けてないし、そこまで……」と宥めるのに対し「(ベッキーを)仕事人として尊敬してたから、がっかりしたということです。被害があったどうこうの話ではない」とこれまた激しい反論を見せた。

「“あざとい”発言については、雨上がり決死隊の宮迫博之が『そんなひどいこと、よく言うな』と批判したことで話題となってかなり炎上してしまいました。それでも中田のコメンテーターとしての暴走は止まらず、過激な発言を繰り返して波紋を呼んでいます。元・理化学研究所の小保方晴子氏が瀬戸内寂聴との対談をした際には、『したたかで自己陶酔が強いタイプ。人前に出るのが好きな人だなと思います』と言い切ったため、『お前は心理学者か!!』『なんなのこいつ!?』『正直うざいわ~』と大批判を浴びました。ただ一方で、“右へ倣え”のコメンテーター陣ばかりが並ぶ中、一石を投じる面白い存在としてテレビ的に重宝するタレントになっているのも確かです」(同)

 ファンキー加藤の件で、不倫に甘く、すぐに復帰できる芸能界に疑問を抱いている世間の声を代弁した中田。波風は立ちそうだが、コメンテーターとして支持するファンは増えそうだ。中田がテリー伊藤のポジションを奪う日もそう遠くないかもしれない。

1 2