連載

「略して“ダウじい”」紗倉まな力説・年上男性に悶絶する瞬間!

【この記事のキーワード】

柔軟剤の破壊力

 ここでひとつお話しさせていただきたいんですけど、可愛い女の子からダウニーの匂いがするのって良くあることじゃないですか。違和感はないし、意外性もないし。むしろめっちゃ可愛い子なのに汗臭かったり、「……これは脇の匂いかい?」って確信に迫るために二度嗅ぎしてしまうような変な匂いがしたら、「こんな可愛い子でも人間らしいところあるのね……」っていう納得と親近感を覚えたり。

 でも、年配の男性からダウニーの匂いがふわっとしたら……? 語弊があるようで失礼かもしれませんが、いい意味での意外性が強すぎて、ずきゅーんからのどきゅーんと心を打ち抜かれたような衝撃を受けます。「目上の人に可愛いっていうのは失礼だ」って昭和の名残みたいな古臭いことをいう人も中にはいるけど、私はやっぱり年上男性ほど可愛らしい要素があるほうがいいっ。父性と包容力を兼ね揃えた魅力を感じる反面、ぬいぐるみみたいなチャーミングさも同時に求めてるっていうのが本音の底にあるんです。これはファザコン代表として声を大にして言いたいことでもあります……。お腹がぷっくりしててぽよんとたるんでいてだらしないんだけど、服からはダウニー臭がする……超いい。めっちゃいい。

 この話を他の人に力説したところ「ダウニー爺だね!」という言葉を受けて「ハッ!」としたので、私がきゅんとする殿方をこのように命名したいと思います。略して“ダウじい”。ダウじい、まじ可愛いわ~。一家に一台おきたいわ~。鼻に優しい人……いいわ~。

 家に行ったらウォーターサーバーがあるとか、高いのか安いのかわからないけどとりあえずワインがたくさんあるだとか、鹿の剥製が壁に立てかけられている家に住んでいる人は、もしかしたらとてもオシャンでいいのかもしれないけど、家に着いたらアタック洗剤だけじゃなくダウニーが置かれているような人って、絶対的に信用できる。「男は黙って粉洗剤!」とかは貫いてほしくないな……と強く願う次第であります。せめて、液体にしよう。

1 2

紗倉まな

高等専門学校の土木科出身。18歳の誕生日の翌日に事務所に応募し、所属が決定。2011年にイメージビデオデビュー、翌年2月にAVデビューするや否や人気沸騰! SOD大賞2012では最優秀女優賞、優秀女優賞、最優秀セル作品賞、最優秀ノンパッケージ作品賞などなどを総なめで6冠を達成する。『ゴッドタン』キス我慢選手権でも「かわいすぎる」と話題☆

紗倉まなの工場萌え日記