連載

還暦過ぎてもセックス三昧! 高齢者の旺盛な性欲に圧倒される

【この記事のキーワード】

●未亡人との合体で若返った(男性)

今まで家族のためにがむしゃらに働き、不倫も浮気といったことは考えもしなかった。しかし、還暦も過ぎて、女房と合体(←このスレでよく出てくる単語ですw)が減ったころ、とある趣味で知り合った未亡人から「茶飲み友達になってくれないか」とお願いされ、ドライブや映画鑑賞、デートなどをし、いまは夫婦みたいな関係になっている。女房が2人いるようなものなので、何かと銭がかかる。しかし女性とのセックスは若返るのか、最近朝勃ちも復活した。散歩とセックスは健康のために欠かせない。

→セックスは健康にいい!? 老人向けの健康雑誌には意外と性の悩みが多くてびっくりしますが、当然といえば当然ですよね。

●閉経後の情熱セックスで生理がキタ(男性)

私は60代前半、彼女は50代前半で孫もいる人妻。10年前に知り合い、体の関係ができたのは7年前。お互い配偶者とのセックスはゼロだが、不倫だと燃えるのか情熱的なセックスをしている。最初に体の関係を持った時、彼女は閉経していると言っていたが、セックスをはじめて生理が復活。半年ほどしてまた生理は止まったが、彼女は若返ったと喜んでいた。四十八手をやってみたいと彼女が言うのでチャレンジしたが、歳のせいか体が硬くて上手くできない(笑)。

→やはり若さの秘訣はセックスなんでしょうか。というか、閉経していたはずなのにまた生理がきた、って病気じゃないですか? のんきに「若返った~」と喜んでいないで、不正出血の可能性を疑った方がいいですよ……。

●死んだ夫が援助交際野郎だった件(女性)

還暦を過ぎた夫が心不全で突然の他界。身の回りの整理をしていると、不審なバッグを発見しました。中を開けてみると、プリペイド携帯、複数のラブホテルのカード、大人のおもちゃの領収証……。呆れるやら腹立たしいやら悲しいやらで、辛い毎日を送っています。相手女性の特定はできていないが、通帳をチェックすると使途不明金があったため、援助交際を繰り返していたのではないかと思っています。今まで何の疑いをもたず20年以上夫婦生活を送り、良き父・夫であったのに。もしお盆に帰ってくるなら、いっぱい文句をぶつけたい気持ちです。

→そのバッグさえ上手く隠すか捨てるかしておけば、奥さんも辛い思いをしなくて済んだものを。やはり不倫をするなら「突然の死」を意識すべきですね。特に年齢が高ければ高いほど、確率は高くなりますし。

●突然の脱糞

風俗でアナル舐めをしてもらっている最中に、思いっきりおならをしたら、下痢便を漏らしてしまった。嬢は大激怒で店員を呼び、「いい歳して最低限の道徳くらいわきまえろ」と裸のまま説教されました。死にたい。

→これは風俗なので不倫や浮気のネタじゃないですが、歳をとると肛門の締め付けがゆるくなる、とはよく言われます。気を付けましょう。いや、それより、アナル舐めの最中に思いっきりおならをすること自体がおかしいですよね……。最低限の道徳ラインは「おならの我慢」ですね。

_____

 どこまで本当かわかりませんが、60代でもエロは楽しめるようで、ちょっとだけ未来への希望が持てました。女性の方が平均寿命は長いので、男性は長生きすればするほど競争相手が減り、モテモテになる可能性が高いですね。

 しかし、「モテる人」と「モテない人」の差は年齢・男女に関係なくあるようで、歳をとっても「非モテ」で苦しむのは避けたいところ。老人のモテ・非モテポイントはどこなんでしょうか? 今から鍛えておじいちゃんになってからのモテモテ人生を目指したいと思います!

■ゲッシー(♂) /30代会社員男子、インターネット情報収集家。女にモテるため、女のホンネを知ろうとインターネット掲示板をうろつくも、生々しいホンネに触れすぎて今ではちょっと女がコワイ。でもコワいもの見たさでネットの掲示板を徘徊しています!!

1 2

ゲッシー(♂)

30代会社員男子、インターネット情報収集家。女にモテるため、女のホンネを知ろうとインターネット掲示板をうろつくも、生々しいホンネに触れすぎて今ではちょっと女がコワイ。でもコワいもの見たさでネットの掲示板を徘徊しています!!