ゴシップ

北川景子の清々しいまでのガチヲタぶり! ヅカファンたちの友好関係が微笑ましい

【この記事のキーワード】

「みりおん様(実咲凜音)の美しさを見て、前髪を切ったことを後悔しました。みりおん様センター分け可愛すぎるよ…。なんで切ったんだろう前髪、戻ってこい前髪」

 さらに、トーク中にヅカヲタ用語“遠征”を使用し、嵐が困惑するシーンも。何でも北川は遠征を始めて4年になるとのこと。そして、相葉雅紀に「(宝塚歌劇団員に)お会いできるでしょ?  北川さんだったら」と聞かれると、「いや、それは意味がないんですよ」と、あくまでもいちファンであることを主張した。番組放送後には、「ファンだとは知っていたが本気のファンだと知って嬉しかった」「こんな美人なのに宝塚ガチ勢で、しかもちゃんとしたオタクなのめちゃめちゃ好感高いんですけど」とネット上にて宝塚ファンから称賛の声があがった。

 ヅカヲタを公言している芸能人は多い。2013年には北川と一緒に観劇したことをブログにて公開している矢田亜希子(37)。「AKB48 34thシングル選抜じゃんけん大会」にて、蘭寿とむのコスプレを披露した渡辺麻友(22)。ファン歴35年の西川史子(45)。元モーニング娘。の高橋愛(30)に蒼井優(31)などが、宝塚スターたちに熱を上げている。彼女たちがテレビやSNSにて観劇報告をすると、一般の宝塚ファンも「同志!」と喜び共感を寄せるという友好的なサイクルが出来上がっているのがヅカヲタの特徴だ。
(夏木バリ)

1 2