恋愛・セックス

クリトリスが感じない…「クリ包茎」問題

【この記事のキーワード】

「真性クリトリス包茎」は手術が必要?

 クリはもともと仮性包茎になっているのがほとんどのようです。ちなみに私は、仮性タイプでした。ただ、少しの刺激でも「待ってました!」と言わんばかりにすぐ顔を出してくるし、何だか大きめな気もします。私はクンニ好きなので、この包皮が原因で感覚がなく「気持ちよさがわからない」状態の女性には、余計なことながら「くぅぅ~勿体ない!」と思ってしまいます。せっかくの贅沢な部位ですから、気持ちよくなれたほうがいいじゃないですか。

 男性の包茎同様に、外科手術で真性を脱出するという手段もあるのですが……ちょっと待った! 「クリトリス包茎手術」を実施しているクリニックの手術法を見てみると……<クリトリスを覆っている余分な包皮を切除する>。冷静に考えて、普段から包皮で守られている敏感な部分が、いきなり露出状態になるのって、かなり痛そう……。デリケートなゾーンですし、炎症を起こす懸念もあります。「クリトリス包茎手術」を推奨するクリニックでは、男性の真性包茎と同じように、“不潔な状態になり、臭いの元になったり細菌感染を起こしやすくなってしまう”とデメリットを強調して手術をすすめていますが、クリトリスはティンコと異なり、排泄器官ではありません。女性の膣液はもともと弱酸性に保たれていて、刺激に弱いクリトリスを弱酸性の粘液と皮で保護することは、感染症の予防として優れているという情報も多く見られます。

 私もそうですが、「クリトリス包茎」ではなくても、皮の上から優しく刺激されただけでもかなりの快感を得る人もいるので、クリを露出させれば快感を得る、というわけではないと思います。かくいう私も20代前半までは、乳首を愛撫されても快感を得ることがありませんでした。ただ、何度も愛撫されたり、自分で触ってみて、こうすると気持ちいいなと探っていき、開花したように思います。悩んでいる方も、手術を考える前に、まずは自分のクリの状態を知り、気持ちよくなる方法を探っていくことが大事だと思います。パートナーがいる方は一緒に探り合うのもまた、いと楽し。

(大根 蘭)

1 2

大根 蘭

365日中365日、24時間中およそ8時間ほどエロいことを考えて生きている女でございます。