ゴシップ

「カッコイイ」以外の反応がない?ヘビ顔イケメン王子[Alexandros]川上洋平の人気高騰

【この記事のキーワード】

 これには熱狂的なファンから「わたしもようぺと一緒に映画見たい!」「1人で映画見てる洋平も絶対カッコイイ」と、映画鑑賞している川上を想像してカッコイイという声が上がったが、それより何よりカッコイイのは、自分で“モテなそう”なんて言ってしまうところ。1人で毎晩映画鑑賞しているなんて聞いたら、“絶対自分のことカッコイイと思ってるでしょ”なんて思われるのを見越してか、発言した本人が「モテなそう」なんて言うのはズルい。しかも、ルックス的に塩顔・爬虫類男子というジャンル(芸能人で言うと亀梨和也や松田翔太、綾野剛など)にカテゴライズされる川上は、どちらかというとクールな印象なので、モテるかどうかを気にしているというギャップにも女性心がくすぐられてしまう。

 しかし、川上が本当にカッコイイのは、映画好きというのが事実であるということ。川上の映画好きはけっこう有名で、公式ブログ「あれきさんどろす日記」では、2015年に観た映画を一覧にしており、計133本の映画に点数をつけている。新曲発表や全国ツアー、はたまた海外でのライブ活動など、忙しい毎日の中でいつ映画見てるんだと思ってしまうが、他にも『TSUTAYA CLUB MAGAZINE』では、「[Alexandros] 川上洋平の『TSUTAYAで迷ったらコレを観よ!』」という企画の中で、新作映画やオススメ映画を紹介するコーナーを担当している。

 同日のラジオのテーマは「Movie!」ということで、冒頭のトークの後も映画について語りまっくた川上。リスナーからの意見や質問に対してオススメの映画を紹介しているのだが、とにかく映画への愛がアツい。前日に見た『ニューヨーク 眺めのいい部屋売ります』について、「それが泣かせるんですよ! 昨日ず~っと泣いていました」という感想を述べている。映画を見て泣いたことをサラリと言ってのけてしまうあたりにも、イイ男ポイントを加算したくなってしまう。

 今後はニューアルバムの発売に、全国ツアー開催などが待っているので、ますますの活躍が予想される川上。今回のようなカッコイイ場面をどんどん見せてくることにも期待したい。

(ボンゾ)

1 2