ゴシップ

ピンチの山下智久が石原さとみとの「結婚準備」で身辺整理? 露骨な交際アピールもが意味するもの

【この記事のキーワード】

 山下も石原もお互い“共演者キラー”として、数々の芸能人と浮き名を流してきたことで有名。たとえば山下は『ブザー・ビート~崖っぷちのヒーロー~』(フジテレビ系)で共演した北川景子や、『カバチタレ!』(同)で共演した香里奈などとの交際説が流れたことがあった。

 石原は、以前トーク番組『グータンヌーボ』(同)に出演した際、共演者との恋愛について自分の考え方を語っていた。共演者を好きになることは「まったく(ない)」と否定しつつも、「その一瞬はすごい好きなんですよ」「ドキドキするし会いたくてしょうがないし」「引きずるくらい、とても想ってたりもして」と発言。少なくとも共演している間は、恋人役の男性に強い思い入れを抱いてしまうタイプらしい。その言葉通り、今まで石原は大河ドラマ『義経』(NHK)の滝沢秀明や、舞台『ロミオ&ジュリエット』の佐藤健、『リッチマン、プアウーマン』(同)の小栗旬、『ディア・シスター』(同)の三代目 J Soul Brothers・岩田剛典といった共演者との交際が噂されてきた。

 山下と石原の二人が交際に発展したのも、2015年のドラマ『5時から9時まで~私に恋したお坊さん~』(同)での共演がきっかけだったと言われている。そのため、今回も数ある共演者との恋愛の一つで、「アラサーだから」という安易な理由でいきなり結婚とはさすがに考えにくい。

 とはいえ、“ゴールイン間近”説に賛同する人もいる。山下は7月にパーソナリティを務めるラジオ番組でスイカの皮で漬物を自作したと語っていたのだが、石原も10月に女性誌のインタビューで「スイカの皮を漬物にして食べている」とコメント。この露骨な交際アピールには、たしかに交際への本気度の高さが感じられる。二人の関係が今後どうなるのか、続報を待ちたい。

(ゼップ)

1 2