恋愛・セックス

とにかく明るいセックスしてみよう! 恥ずかしがりやガールからの脱却

【この記事のキーワード】

電気ON のメリット(間接照明を含む)

◆お互いの表情の変化がわかりやすい

 セックスの最中、「恥ずかしい」「気持ちよすぎて」で目を瞑る女性も多いかと思いますが、体位を変える時や、正常位でずっと顔を見られている時など、目を合わせても合わせなくても、表情を見ればどれだけ感じているかをお互いに確認しやすいと思います。彼の感じている顔を見るのは、普段は見れない表情なだけに興奮を覚えませんか? ガマンしている時やイク時の表情は、見逃したくないほどのオカズだ! と考える私としては、電気ONセックスならではの醍醐味です。

◆感じる部分を探し当ててもらいやすい

明るい光を放った電気の下で、まじまじと見られたくない! という女性もいることでしょう。ただ、自分の局部を研究してもらって、気持ちいい部分を探し当ててもらうことは、セックスを向上させるには、とても大事なことだと思います。 

◆コンドーム装着の待ち時間を短縮!

女性がそこまで気にしていなかった問題かもしれませんが、 暗闇の中でコンドーム装着は意外にひと苦労のようです。コンドーム装着時の待ち時間を考えると、スムーズ&スマートに装着しやすい、電気ONのほうが女性としても嬉しくないですか?

◆昼間の疲れから離れ、心身ともにリラックス状態

間接照明の柔らかなほんのり照明でいえることかもしれませんが、日中は蛍光灯の下で仕事をして心身ともに疲れている方も、部屋を薄暗くすることで、リラックス状態になれる方も多いようです。セックスで燃える直前、彼とふたりでまったりとリラックスモードからはじまり、セクシームードに移行しやすい灯りとして最適だと思います。

 “いつもと同じ空間”で同じようなセックスとしていると、飽きてしまってマンネリ気味の原因になってしまう可能性もありますよね。行ったことのないようなラブホや旅行先の宿で……と空間を変えることで新たな興奮要素になるかもしれませんが。まず部屋の明るさを変えてみるだけでも、新鮮な気持ちで挑めるかもしれません。

 電気ONと電気OFFのそれぞれを試してみて、知らなかったセックスの楽しみ方を開拓してみてはいかがでしょうか。私も、恐れている「自然光を浴びながらセックス」を開拓してみましょうかね。

(大根 蘭)

1 2

大根 蘭

365日中365日、24時間中およそ8時間ほどエロいことを考えて生きている女でございます。