カルチャー

「与えられた価値に押し潰されそうな女性」を安心させようと、女性が泥をかぶる不条理/『逃げ恥』第9話レビュー

【この記事のキーワード】
『逃げるは恥だが役に立つ』公式Twitterより

『逃げるは恥だが役に立つ』公式Twitterより

 第9話にして16.9%を叩き出し、またしても自己最高平均視聴率を塗り替えた『逃げるは恥だが役に立つ』(TBS系)。先週、仲直りしたみくり(新垣結衣)と平匡さん(星野源)は「ハグしたい!」という思いが重なったにも関わらず、会えず仕舞いで幕を閉じました。しかも今週は今週で、平匡さんの仕事が忙しくなっちゃってなかなか会えません。システムのバグによってハグはお預け。ハグバグ剥奪、なんつって。

 そんな中。みくりは、ニセ野内こと風見さん(大谷亮平)を狙っている新キャラ・五十嵐安奈(内田理央)と平匡さんがたまたま2人で蕎麦屋に入るところを目撃。風見さんと安奈は合コンで出会ったそうですよ。その2人は一旦置いといて。

 その晩、遅くにようやく帰宅した平匡さんに、みくりがその件を詰めたところ、平匡さんは「もしかして嫉妬してくれたんですか?」と確認。みくりに「ばか! 決まってるじゃないですか!」と言われたことで、みくりの好意についに気付いた平匡さん。すると、「ずっと、みくりさんが僕のこと好きなら良いのになって思ってました。考えないようにしてました」「火曜じゃなくてもみくりさんを抱きしめても良いですか?」とハグ。そしてみくりが「何曜日でも何時でも。朝までだって……。すみません、私またっ」と離れようとした時! 平匡さんが、すかさずギュッと抱き寄せ「一緒にいますか、朝まで」と囁き、みくりは頷きながら「……うん」なんて可愛すぎる返事をする。この一連の流れは、鬼リピ決定のほっこりシーンです。その裏では、沼田さん(古田新太)がお得意の盗み聞きで契約結婚だったことを知り、平匡さんは会社のリストラリストに載ってしまったんですけどね。

 とはいえ、今回は主役2人よりも百合ちゃん(石田ゆり子)の“綺麗すぎる涙”ですよ。化粧品会社に務める役職付きの百合ちゃんは、とある件で本部長に直談判へ行ったのですが、部長室を出た後に「融通が効かない。(結婚してないから)必死なんだよ」なんて本部長の野次を聞いてしまうのです。その夜、町でばったり出くわした風見さんに漏らした言葉は刺さりました。

1 2