ゴシップ

米倉涼子が涙目で絶叫! 手堅いラストスパートに今期首位はほぼ確定/『ドクターX』10話レビュー

【この記事のキーワード】

 手術の夜。神原名医紹介所事務所にて、城之内先生に「下手くそ。もう私のオペにはつかないで。晶さん(岸部一徳)もしばらく仕事入れないほうがいいよ。麻酔科医があんなミスしたら、患者殺すから」と啖呵を切った大門。対する城之内先生は「ごめん。ここんとこオペが重なってて、疲れが溜まってたの。でも大門さんは失敗しないから、一度のミスでも許せないのね」と城之内先生も大門とはやってけない、と王超のもとへ行く決意を固め、大門の「他にも隠してることあるんじゃないの?」という言葉を無視して飛び出します。

 大門が涙目で暫く立ち尽くした後、走って城之内先生を追いかけてみると、彼女は娘に電話をしていたのです。が、その場で倒れ込んでしまいました。城之内先生の身体の異変にすべて気付いていた大門は、すぐさま駆け寄り、絶叫しながら救急車を呼び続けます。公私ともに信頼していた同志・城之内先生のために……。シリーズ2にて晶さんの手術を、大門が涙目で執刀したシーンが蘇りました。予告によると、もちろん城之内先生の執刀医は大門です。

 内田有紀の死にそうな演技に『ナオミとカナコ』(フジテレビ系)が蘇って、恐怖に震えたことは置いといて。最終話の主軸に、収集付かなそうな久保副院長や北野先生ではなく“身近な人の命”を持ってくるとは手堅いですね~。絶対見ちゃうじゃないですか。
(ドラマウォッチャー:ナチョス)

――

『ドクターX~外科医・大門未知子~』レビューはコチラから!

最高視聴率24.3%獲得! 『ドクターX』で際立つ“クソすぎる男たち”/第三話レビュー

帰ってきた“利用される男”が瞬間最高視聴率!『ドクターX』の独走が止まらない/第四話レビュー

絶好調『ドクターX』! シリーズ随一の“愛されキャラ復活”に歓喜の声続出/第五話レビュー

視聴率独走も『ドクターX』に漂う“ネタ切れ臭”/第6話レビュー

今シーズンの強敵が登場シーンゼロ!! 高視聴率にあぐらをかきまくる『ドクターX』/第7話レビュー

ピン子の次は西田敏行が消えた! トラブル続出『ドクターX』/第8話レビュー

血も涙もない病院婦人会が怖すぎて、ピン子の見せ場は訪れる気配なし/『ドクターX』第9話レビュー

その他ドラマレビュー

1 2 3