インタビュー

田淵正浩に直撃! 男優賞を受賞したベテラン男優が明かす「楽して効率良くセックスできる“健康法”」

【この記事のキーワード】

「一番楽して、一番効率の良い挿入」とは

――まずはやっぱり「田淵式健康法」についてお伺いさせてください。大きくわけると「呼吸」「骨格」「骨盤可動域」「食事」。これらは女性も必要な「人間の体調を整えるためのメソッド」だなと思いました。田淵さんは撮影中に「指やペニスをガシガシ動かさないから痛くない」と女優さんからの好感度はナンバーワン。その上で完璧な勃起をキープなさる、という優れた身体能力を維持されています。本には「鼻呼吸をすることで、頭を冷やして、身体をあたため、持続的なセックスが可能」と記されていましたが、鼻呼吸の方法は「5秒で吸って、5秒で吐く」という間隔であってますか?

田淵「本当は吐く時間のほうが長いと良いんですよね。例えば5秒吸って、10秒吐くとか」

――一回息を止める、などはしなくて良いんですか?

田淵「方法はいろいろあるんですよね。止める人もいるし止めない人もいます。僕が習ったところでも『息を吸って、1~2秒止めて、空気を味わってから吐いてください』っていう人もいれば『一回も止めちゃダメ』。っていう人もいて。ご自分のお好きな方法でやってみてください」

――次に「骨格」「骨盤可動域」。「人間の立つ、歩く、座るといった基本的な動作には、その態勢を何時間でもキープできるような、骨格に基づいたポイントがあります。田淵式骨盤トレーニングは、骨盤を前後左右に揺らすストレッチ。30~50回を朝昼晩の3セット 継続的に行えば、だんだんと可動域は広がり、無駄な動きがなくなります」とのことですが、こちらも女性に有効ですよね。

田淵「そうですね。カーヴィーダンスってあったじゃないですか。あれは同じ骨盤運動ですよね」

――確かに。ベリーダンスにも似てますよね。

田淵「そう。ベリーダンスって動いているのは骨盤のみで、上体は動いてないんですよ。あの動作が理想です。ベリーダンスが上手な人はセックスも上手いんですよ」

――見るからに上手そうですもん。

田淵「あははははは(笑)。セックスが下手な人って身体の使い方が下手なんですよね。上半身だけ動かして下半身がまったく動いてなかったり

――それはまったく意味ないですね。

田淵「でも男優でも女優でも、そういう昔の僕みたいなおバカの人がいるんですよ。本当は僕がそういう人のところへ行って『もしもし?』って教えてあげたいんですけどね。人間の動作の『歩く、座る、起き上がる』って全部、骨盤の出力で動いてるんですよ」

――手だけじゃなくて、必ず骨盤から動いている、と。

田淵「はい。鞭と同じです。鞭をパーンって放つ時、最初に力が伝わるのはグリップなんですね。その後に先端がパッと動くじゃないですか。でも、しっかりと先端に力を伝えるには、どこも力んじゃだめなんですよ。エネルギーが綺麗に伝わらない」

――そうですね。力を抜くって難しいですよね。

田淵「セックスも一緒。グーって力が入ってるとエネルギーが手前で死んじゃうから、肝心な部分まで伝わらないんです。一番楽して、一番効率の良い挿入は、軽く腰を持って浮かしてあげて、フニャフニャになった骨盤でパーン、パーンって力を加える方法です。鞭のように使うんですね」

――乗馬みたいですね。何より省エネ。

田淵「ええ、楽ですよ。全然頑張ってないですもん」

食事で早漏改善

――そして「食事」。田淵式食事法の4つのポイントは「①身体を温める食事を摂る」「②水分を多め (1日4リットルほど) に摂る」「③よく噛む」「④栄養バランスの良い食事」。③の「よく噛む」ことで唾液が分泌されるんですね。唾液が分泌されておらず、口が乾くと、口臭の原因にもなってしまうので要注意、と。女性にとっても重要なことですね。

田淵「もちろんそうです。僕はこの食事法で早漏が改善しました」

――食事と早漏にはどのような関係があるんですか?

田淵「“身体を締める食事”というのがあるんです。まず身体は、硬く締まって熱がある『陽性』と、冷え性で柔らかい『陰性』にわかれます。早漏ってどちらかと言うと『陰性』なんです。早く出ちゃうということは締まってないんです。硬くする=締めるには、陽性の食品を食べることです。お肉、根菜類、小豆とか黒ゴマなどの小さくてぎゅっと固まっているもの。根菜以外の野菜だと、夏野菜は身体を冷やすので冬野菜が良いですね。それらを意識して摂取した上で田淵式食事法を実践するんです。並行して筋トレもしながら。そうすると、身体がグッと締まって、僕は早漏が改善されました」

1 2 3