インタビュー

アイドル的人気が過熱中のAV男優・大島丈は特殊能力の持ち主!/大島丈さんインタビュー【02】

【この記事のキーワード】

ーーこれだけ長くやってると挫折とか辞めたいと思う瞬間が出てきそうな気もするけど……?

「何度もありますよ。悔しい場面も何百回とありましたし、あと自分のダメさ加減を痛感することも度々で」

ーーそういうときでも次の現場のオファーの連絡は来るキュよね? そういうときは一旦仕事は断ってるキュウ??

「やっぱり呼んでもらえることは、ありがたいことなので、落ち込んでても現場には行きます。するとその現場でまた自分が復活する何かを得たりするんですよね。『あ、俺できる!』って。結構単純なんで、その繰り返しですね。ずっと落ち込んでたら男優できないですね、鬱になっちゃいますし」

ーー落ち込んでても現場に行ってチンポを勃たせる……荒治療にしか思えないけど根性あるキュウ。若手のときよりもギャラはもちろん上がってると思うけど、撮影に行く数は増えてるキュウ?

「うん、昔の方が本数は少なかったですよ。というのは、レンタルしかなかったんで業界全体の制作数が少なかったんです。その少ないパイをみんなで分け合うというか。ただその代わり、昔は今みたいな1日撮りっていうのはほぼ無かったんですよ、企画モノ以外は。単体の子で5日撮りとかやってたメーカーもあったんです。男優を使わないで、監督と一緒に旅に出たりとか、イメージ撮影で1日を使ったりとかする日もあったりして。男優使う撮影は1日1絡み(1回のセックス)で3日間にかけて撮るとか贅沢に撮ってましたね」

ーー贅沢な時代キュウ~~! 今って男優が1日に3現場掛け持ちしたりすることもあるって聞くけど、丈さんはするキュウ?

「僕はやらないですねぇ~そんなに性豪じゃないんで(笑)。最近は僕はそんなに詰め詰めじゃないですよ、若い人たちの方が忙しいですね」

ーー丈さんは昨今男優イベントにも出てるし、阿川陽志さんがやっている男優出張ホスト「ブラックスワン」のホスト活動もしているキュよね?

「そうそう、後輩の阿川くんに誘われて始めました。一生懸命やろうとしているので、協力したいなと。いくら欲しいとかは僕は一切言ってないんで、阿川くんが値段設定とかも決めてくれたんですが、すげー高いんですよ(笑)。ファンの子に申し訳ないくらい」

ーーでも、ベテラン大島丈を安く設定してしまったら後輩男優がもっと安くなってしまうから。丈さんは胸張って最高のホストサービスをすればいいと思うキュウ。

「1回来てくれるとリピーターになってくれる方が多いので嬉しいですね」

ーーブラックスワンってデートを楽しむエスコートコースと、性感マッサージのようなホテルでの時間を楽しむラブタイムコースがあるキュよね? 丈さんはどっちが多いキュウ??

「7割以上でラブタイムの方が多いかなぁ。エスコートも、もちろんありますけどね」

ーーAV見てて憧れの男優と会うんだったら、そりゃ施し受けてみたいキュよね~♡ やっぱお客さんのマンコめっちゃ見るキュウ?

「どうなんですかねぇ(笑)。基本的にはして欲しいことを叶えてあげるというスタンスですね。会う3日前からメールのやり取りをして、リクエストなどを聞いておきます」

ーーちなみにエスコートコースは何をするんだキュウ??

「お客さんの要望次第ですけど、カラオケボックスに行ったりもしますし、水族館とか、ディズニーランドも行きましたね。普通に恋人のように、手を繋いでデートします。僕、距離を置くのがイヤなんですよ。ましてお金を使って会いに来てくれてる人を無下には出来ないので、自分の彼女とかそれ以上の接し方にしたいんです」

ーーそんな男優・大島丈の女性ファン人気がすごいっていう噂を最近よく耳にするキュウ! あたし、AV撮影にエキストラとしてバイトしに行った過去があって、そのときに喋った若い女優さんが丈さんのFANで、自分で丈&自分のコラ画像作って携帯の待ち受けにしていたのキュウ! そこまでガチ恋させちゃう大島丈、人気高騰中キュウよね?

「それはありがたいですけど……人気が上がってるかは分からないです(笑)。僕のどこがいいんだか自分ではさっぱり分からないですよ」

ーーその渋いボイスのファンも多いキュよね?

「僕としては、すごいコンプレックスだったんですよね。自分の声がイヤでしょうがなかったんです」

ーーキュ~~まさかのコンプレックスとは!

「最近皆さんがいいって言ってくれてるんで、やっと肯定できたって感じなんですよ。何年か前までは、自分の声はイヤでしょうがなかったですね。ラブホとかでTV付けると自分が出てたりするじゃないですか。それを見て、『お前もうしゃべんなくていいよ』って突っ込んでるくらい。ありがたいことに、皆さんがいいって言ってくれてるんで、コンプレックスはちょっとは克服できたかなって今は思いますけどね」

ーーそれは意外だったキュウ~てっきり売りにしてるかと思ってたキュウ~!!! みんなで丈ボイス褒めようキュウ~~☆ 丈さんはTwitterもすごい活用してるキュよね?

「始めた当初は喜んでもらえるのが嬉しくて、頑張ったっていう時期もあったんですけど、最近リプもあまり返せてなくて。返すなら、みんなに返さないと平等じゃないじゃないですか……今ね、ありがたいことに数が多いので、なかなか返しにくくなっちゃったんですよね」

ーーつぶやきもリプも、絵文字すごい使うキュよね。

「そう、絵文字使うの好きなんですよ~。なんかね、冷たい感じがするんですよね、文字だけだと。感情を表せないので、感情を伝えるために絵文字を多用するんですよ。文字だけで冷たい印象を与えるのがすごいイヤなんですよね。文字だけだと、誤解を生みやすいので、なるべき自分の気持ちを伝えるには、って考えた時に絵文字を多用することによって、気持ちを伝えられるなっていう。僕、結構好きなんですよ。あとね、事務的になるのがイヤなんです。Twitterの返信でも、『ありがとうございます』だけで終わるとか、そういうのが嫌いなんですよ。自分がされたらイヤじゃないですか、返信がきたと思ったら『ありがとうございます』だけなの?って。性格的にそういうのが出来ないんです」

ーー確かに文字だけだと、怒ってるのかな?とか誤解することあるけど。そんなに優しくしているとファン女性から「セックスしてください!」的なDMがくることも?

「そんなストレートに言われることはないですね。連絡先が書いてあることはありますけど……みなさん少女のような感じで『大好きです』って言ってくださることが多いですね」

ーー何回かTwitterでやり取りしたりイベントで何回か会ったりすると友達みたいになる?

「そうそう、イベントとかもそういう感じです。僕はそれでいいと思います。僕はアイドルでもなんでもないですし特別な人じゃないし、普通に接していたいんですよね。イベントとかで何回も来てくれて顔見知りだと『あ~○○ちゃん』って僕も言いますし。壁を作りたくないんですよね、距離っていうか」

ーーここ数年で男優イベント増えたキュよね~~!!

「吉村卓ちゃんの『男優さんいらっしゃい』から、増えてきたかな。しみけんは独自の世界でやってますし。ただ、ぶっちゃけ男優イベントってそんなに儲からないんですよ。イベントで儲けやがって!って誤解されがちなんですけど、僕らはハッキリ言って撮影の仕事をしたほうが賃金的には割がいいんですよ。それなのに、なぜみんなイベントをわざわざやるかっていうと、喜んでもらえることが純粋に嬉しいからっていうのが、みんなあると思うんですよね」

ーー男優好きとしては、やっぱり生の男優を見れる場があるっていうのは嬉しいと思うキュウ~~! だって少し前まで男優の名前と顔を一致するのも難しいくらい男優情報が少なかったんだから!

「喜んでくれるファンのみなさんがいるから、僕らはちょっとずつでも顔を出しいきたいなって思うんですよね」

ーーでも男優イベントって何をするキュウ?

「森林原人くんと黒田悠斗くん(通称モリクロ)主催のイベントでは、何か出し物したりトークしたりとかそんな感じです。卓ちゃんのときは、トニー大木さんとトニー&ジョーっていうユニットで、トニーが歌、僕がアコギで演奏したりしてますね。バンド辞めてから20何年弾いてなかったんですけど、イベントがきっかけでアコギの練習を始めました。トニー&ジョーでは昭和の歌謡曲をカバーしたりしてます」

ーートニー&ジョーには是非『E気持ち』(沖田浩之)をカバーしてもらいたいキュウ~~! 風の噂で、丈キュンはファンの方の名前と顔、しかも生年月日まで覚えてるというのを聞いたことがあるキュけど、これってマジキュウ? 都市伝説キュウ??

「マジですね。自然に入っちゃうんですよ、頭の中に。関連付けて覚える癖があるのでね。もちろん忘れる時もありますよ、完璧じゃないんで。ただ、一度覚えたことは忘れない方ではありますね。現場で会った女の子とか、絡みをしてないと忘れちゃう場合もありますけど。別に覚えようとしてるわけじゃなくて、1度引き出しに入るとそれが入ってきて。それがなんかのワードで引き出しが開けば、全部出てくる感じですね。ただ、その鍵がないと一切出てこない(笑)」

ーー好きな男優に誕生日まで覚えてもらってたら感動でマンコと眼球濡らしちゃうキュウ~~♡

 

この後、モリクロ主催のイベントにこっそり潜入! 次回はそのレポをお届けしちゃうキュウ~!!!

1 2

しQちゃん

子宮のゆるキャラ(妖精)。アイドルに貢ぐために週5+日払いバイトで馬車馬のように働いているキュウ。生理前は情緒不安定になるけれど、今日も元気に頑張りまシュッサン☆ 

@sheQchanz