カルチャー

とっくりセーター姿に萌え…遠藤憲一VS松重豊“かぶりキャラ”2人のわだかまりが気になる/『バイプレイヤーズ~もしも6人の名脇役がシェアハウスで暮らしたら~』第二話レビュー

【この記事のキーワード】

 別の日、大杉さんと共演の池松くんが撮影の休憩中。「何だか不安になって遠藤さんに電話をしましたよ」と池松くんから聞き、「遠ちゃん、なんだって?」と気になって仕方ない大杉さんに、池松くんは冷静に説明しました。「やっぱりずっと好きだったんですって。攻めの姿勢が心を打つって。引退したのが相当ショックだったみたいで。でも、その後も右京さんはF1以外でも攻めの姿勢を貫いてるし、それで右京熱が再燃したみたいで」。「え? ちょっと待って! 引退? F1? なにそれ?」とパニくる大杉さんに「写真も送られてきましたよ」とスマホ画面を見せる池松くん。嬉しそうにピースする遠藤さんの隣には……F1ドライバーの片山右京さん! 右京違い! 大杉さん……どこかで「遠藤さんは、右京さんのファン」と聞きつけて勝手に『相棒』の右京さんだと勘違いして、掻き乱しちゃっただけでしたね。

 ドラマのワンシーンで紅茶を飲み干す場面を断る遠藤さん、「体質的に紅茶がダメ」という理由からでした。それを聞いた松重さんは唐突に合点がいった様子。「そうか! かぶってんですよ! 10年前……俺も一緒ですよ」。実は10年前、紅茶が飲めないことから、紅茶好きの役を松重さんに交代できないかと監督に相談したという遠藤さん。松重さんは松重さんで、自分の役に違和感を覚え、遠藤さんの役と代わってもらったのでした。「お互い、役を奪い合ったり、そのあと勝手にウジウジしたり。やっぱさ、俺たちかぶってんだよ」と遠藤さんの言葉で爆笑する2人のもとに「無期限の撮影延期が決まった」と、2人のマネージャーが報告にきます。他局の刑事ドラマにかぶっているという理由で、スポンサーが降板したとのこと。遠藤さんと松重さんW主演の『相方』……観たかったですね。

 遠藤さんと松重さんの間のしこりは消えて、スッキリ! シェアハウスで大杉さんとお酒を飲みながら「あの人はすごい人ですよ。昔から何も変わっていない。役者バカです」と遠藤さんを称える松重さんの言葉に「そうか……、なら、そうなんだろうな」という意味深な言葉を返す大杉さん。その様子を訝しむ松重さんに「最近、漣さん変ですよ。なんか隠してません?」と突っ込まれた大杉さんは慌てて転び、あっさり松重さんに隠しカメラの存在がバレてしまいました。大杉さんは、隠しカメラの映像を監視している部屋を松重さんに見せ、「このメンバーの中に、10年前に撮った『バイプレイヤーズ』のフィルムを盗んだ奴がいる」と告げます。隠しごとを共有してしまった松重さん、可哀想に。本当にこの中にフィルムを盗んだ人がいるのか? そして、盗んでどうしようとしているのでしょうか? まだまだ謎ですね。

来週は……光石研さん、ドラマの共演者・山口紗弥加と不倫で文春砲のターゲットに!?

(ドラマ見届け人:トミジョー)

――

『バイプレイヤーズ~もしも6人の名脇役がシェアハウスで暮らしたら~~』レビューはコチラから!

やっぱり可愛い大杉漣!おじさんたちのテラスハウスが濃くてハァハァする/『バイプレイヤーズ~もしも6人の名脇役がシェアハウスで暮らしたら~』第一話レビュー

1 2 3