ゴシップ

木村文乃のアヒル口自撮りvs天海祐希「バッカじゃないの」アヒル口批判!

【この記事のキーワード】

 木村文乃は1月31日、自身のインスタグラムに4~5年ほど前の自分の写真を投稿した。それが「これでもか」とばかりにアヒル口をつくった(つくろうとした)表情の自撮り画像だったため、話題に。木村は「フォルダ整理していたら懐かしい写真がわっさわっさ出てきた」「24、5とかだった気がするけどそれにしては幼いな」と綴り、よくわからないが気に入っている一枚として投稿したのだろう。インスタには当然「キュン死しそう!」「可愛すぎるよおおお!」とファンから絶賛の声が寄せられているが、ネット掲示板や、ネットニュースのコメント欄には「アヒル口とか馬鹿じゃないの」「こんな写真をよく恥ずかしげもなく載せられるね」と罵詈雑言が飛び交っている。かねてより、ナチュラルな雰囲気で実力派女優のポジションにいる木村文乃が“意外と”自撮り写真を多く撮りUPすることはアンチの心を刺激しがちだったが、今回の写真はかっこうの餌食となったようだ。

 ちなみに、最近ではアヒル口はもう古いとされ、自撮り女子たちの間では、下唇を軽くかむ「ハムハムポーズ」、口を半開きにして歯をチラ見せする「魚口」、上唇を下唇にかぶせ口がVの字のようになった「カッパ口」、すました表情でちょっと口を突き出して開けた「ちゅん顔」などが流行っているとか。特に口元の表情をつくらずとも、BeautyPlusなどのアプリを使って写真を撮れば自動的に口角の上がった可愛らしい唇に修正された画像が出来上がる時代なので、そろそろこの「××口」ブームも下火ではあるが。

 そんな傾向にありながら、アヒル口の代表的な芸能人、“ともちん”こと板野友美に限っては、まだまだアヒル口を続行中のよう。彼女のインスタ投稿写真はどれも見紛うことなきアヒル口だ。もっとも彼女は口そのものがアヒル口に固定されているようなので、ブームとはまた違うかもしれない。

(ボンゾ)

1 2