ライフ

流行ハイブランドを着用→UP→転売→身バレ逃亡 から不死鳥のように「restart…」するコーデUP系インスタの底なし承認欲求

【この記事のキーワード】

 流行りものに乗っかりまくり、ハイブランドをどれだけ持っているかを競うがごとくの写真の数々を見ていると、果たして彼女たちは本当にお洒落なのだろうか? という疑問に行き着く。お洒落を競っているのではなく、財力を競っているように見えてくるからだ。コーデUP系アカウントの中には、写真や、それとともにUPされる文章などから、夫と子供がいて、車を持ち、頻繁に旅行をして……など、だいたいの生活レベルを匂わせてくる女性もいるのだが、筆者のような心の歪んだ人間にとっては、財力にフォロワー数に、と、お洒落自慢ではなく単なる女性同士のマウンティングのように見えてくる。

ヤフオク出品と逃亡

 そんな思いでコーデ写真を真夜中にぼんやりと眺めていると、『コーデUP系』アカウントの一部は、かなり無理をしているのではないかという疑惑も湧いてくる。先日、取材で出会った人が「身なりの良い若い人は貯金がないことが多い」と語っていたが、そういう疑惑である。そこに給料の全額を突っ込んでいるどころか、借金までしている可能性も出てくる。買い物狂いは決して、アゲ嬢みたいな外見の人間ばかりではないのだ。小さなお子さんがいる女性もこうしたコーデUP系に参入していることがあり、疑惑は深まる一方。

 そもそも、ハイブランドを持つのが日常であるならば、あえてそんな写真はUPしないのではないか……? そう感じていたのは筆者だけではなかったようだ。ある日、同じくコーデ系ウォッチャーの友人から情報が入った。あるコーデUP系アカウントの女性が、UPしたコーデに使用したアイテムを「試着のみ」としてヤフオクに出品しているというのである。急いでチェックしたところ垢消し逃亡していた。しまった、間に合わなかった! と、その日は地団駄を踏んだがそんなに悲しむこともなかった。インスタでは、人気のコーデUP系アカウントが突如垢消しすることがある。そして忘れた頃……でもなく、そんなに時間をおかず「restart…」などと再出発する。彼女もあっという間に再出発を果たした。「restart…」系にはたいてい、身バレしたとか、裏の顔が暴かれたとか、何かあることを学んだ。

 昨年、好んでウォッチしていたあるコーデUP系アカウントが突如消えた。彼女ももしや……?? かなり必死に探したところ(本当に自分も何をやっているのか)、「restart…」しているアカウントに行き着いた。そして捜索のさなか、彼女もコーデ写真撮影時に着用していたアイテムを「試着のみ」などと売りさばきまくっていたことを知った。お~~い、お前もか! てか試着のみじゃないだろう。何回かそのアイテム着用してるの見たぞ。もしやコーデ撮影したら、別の汚れても良い服装にいそいそと着替えて出かけていたのだろうか? タグも大事にとっていたのか? それともタグをつけたまま着用していたのか? どっちにしてもセコいこと、この上ない。

 全部が全部、こうしたアカウントばかりではないだろうが、これは氷山の一角かもしれないという思いも消えない。コーデUP系のインスタバブルは、彼女らのようなバブルに踊らされる人間も生んでしまった。

(インスタ&メルカリウォッチャ〜京子)

1 2

ブログウォッチャー京子

インスタウォッチが日課の子持ちライター。子供を寝かしつけながらうっかり自分も寝落ちしてしまうため、いつも明け方に目覚めて原稿を書いています

@watcherkyoko