カルチャー

M女必見マンガ! 俺様男子の“激しさ”と“優しさ”の絶妙なさじ加減に濡れる

【この記事のキーワード】

突然の「屋上愛撫」に興奮!『いいから、俺に溺れてしまえ』

 お次は、会社の別部署の名前だけなんとなく知っていたイケメンとの情事『いいから、俺に溺れてしまえ』です。

 彼氏いない歴=年齢の地味OL・若松茉里が、社内イチのイケメン同僚・北村学に突然名刺を渡され「若松さん俺と結婚しよう。だからまず味見させて?」と求婚されるシーンから始まります。北村は、ドラマだったら玉木宏や伊藤英明に演じてもらいたい、大人の色気溢れる適度にワイルドな長身イケメンです。フェロモンがすごい!

 もちろん信じられない茉里は「いじめですか? 『あいつに告ってやろうぜギャハハー』みたいなやつ?」なんて疑いますが、どうやらいじめではないものの北村は鬼畜!「そろそろ結婚したい」と思った北村は女性社員を順番に味見しており、茉里が25人目なのだとか。結婚は大事なことだからじっくり選んでいる、ともっともらしい(?)ことを言いながらも、会社の隅で顔をペロっと舐めてきたり、茉里が屋上でお昼を食べている時に現れて、「身体の味見☆」とキスしてきたり。挙句、茉里はお口でイカされちゃいます。何度も言いますが、会社の屋上で!! 燃えますね~。

 強気で自分勝手な北村ですが、ひょんなことから茉里に彼氏がいると勘違いし、嫉妬心を剥き出しに。女に腰をガンガン振らせる自分本位なセックスが好みだったはずが「お前が気持ちよくなってるとこ見たい」と茉里をいかにしてとろけさせるか腐心するなど“回を追うにつれて変化していく北村”にキュンとしますよ~! もちろん2人の恋愛模様だけでなく、セックスシーンもしっかり描かれています。その描写がとにかく綺麗で激しくて……「さらに気持ち良くさせてやるよ」と的確なところを突いてくる北村テクはM女必見です!

 少女漫画の王道とも言えるラブストーリーにエロが上手にマッチしている『抱かれる覚悟はできてるか』『いいから、俺に溺れてしまえ』。夜の妄想にぴったりの良作ですよ☆

1 2