連載

メンタリスト・DaiGo監修のマッチングアプリを使ってみた。私にぴったりなのは「餃子男子」らしい…

【この記事のキーワード】

基本の性格分析をすることで、自分が何タイプでどういうタイプの男性が合うかを教えてくれます。私自身は「芸術家」タイプらしく、「探究者」「公職」「守護職」タイプの男性が合うみたいです。他の人の細かい分析結果は見れないのですが、自分の診断結果は社交性があるかないか、勤勉性があるかないかなど5段階で表示されています。ちなみに私は「ストレス耐性」が著しく欠けているようで……これ本当に相手に表示されなくてよかった……とほっとしました。今回は「ストレス耐性」が一番ひどかったですが、この手の性格診断では本当にいつも「社会性」と「協調性のなさ」を指摘されます。いやー、そういう人を「芸術家タイプ」とはよく言ったもので……芸術家の人すみません。

とまぁ、こんな感じで、異性を探すだけでなくいろんな楽しみ方が出来る『with』。男性を探す時もちゃんと性格診断結果と共に表示されるので、パッと見冴えない感じの人でも「いや、診断結果が優しく支えてくれるタイプって出てるから、確かにこういう穏やかそうな人のほうがいいかもしれない……」と今までになかった見方で見れますよ! まぁ、そこから「いいね」するかは別として、これまでプロフィールも見ずに切り捨てていくタイプの人もしっかりプロフィールを見ちゃうんです。逆におしゃれイケメンが「クリエイタータイプ」とか出てたら「え、芸術家タイプの私とは合わないかもしれない……」って踏みとどまってみたり。

あと、もうひとつ良いポイントは、プロフィール設定画面でメイン写真以外のサブ写真に、アプリ側から「趣味の写真」「全身写真」「笑顔の写真」などオーディションの書類選考のようにあらゆる角度の写真の提示を求められるので、男性側の写真が他のマッチングアプリよりも充実しています!

膨大な異性の中から条件で探すのに疲れたら、性格診断に基づいたオススメを利用して、今までスルーしてきた相手を気にしてみるのも新しいかもしれませんね。ちなみに、性格分析のページでは、ポーズを決めたDaiGoが「なるほどそう答えましたか……」とか言いながら分析結果を伝えてくれるので、「そうだよDaiGo!」「ありがとうDaiGo!」とか独り言が多くなります!

1 2

みほたん

自分の恋にはとびっきり不器用な自称恋愛マスター。 これまで恋愛についてあれこれネット上に書き散らかし気付けばアラサーになっていた。趣味はネットサーフィン、特技はネットストーキング。 難ありアイドル『オタフクガールズ』の貧乏担当としても活動中なので、そろそろ玉の輿永久就職をきめるべく日々出会いを探している。

twitter:@fukumoco

上京しました~お貧乏で大都会~