ゴシップ

自称「真面目すぎる」NEWS小山慶一郎の奔放な女性関係、横柄な態度

【この記事のキーワード】

 女性関係以外でも、小山が品行方正な優等生タレントというわけでもないと言えるエピソードはいくつか語り継がれている。特に、上下関係の厳しさが残るジャニーズ事務所に属しながら、先輩への礼儀がなっていない点については、先輩方のファン勢から厳しく指摘されてきた。たとえばKAT-TUN亀梨和也(31)に大して「亀梨の顔はモザイクかかってるのか、かかってないのか分からない顔」と発言、関ジャニ∞へ「素人同然の関ジャニなんか邪魔なんだよ」、自分が先にデビューしたとはいえ入所順では先輩の生田斗真(32)やA.B.C-Z五関晃一(31)を呼び捨て……さらにNEWSがタイアップし応援していた女子バレーの選手を「デカ過ぎて引く」と評したエピソードはあまりに酷い。もちろんこれが小山の人間性のすべてではなく、NEWSメンバー間で信頼を寄せられているなど良い面も当然ある。だが2016年10月放送の『上には上がいるもんだ』(日本テレビ系)に出演した際に、小山は自分のことを「真面目すぎて芸能人として大丈夫か? となる」と言っていた。その自己評価には疑問符が100個ほどついてしまう。

 熱愛にしろ、音声流出にしろ、ワイドショーで報じられることは絶対にあり得ず、日テレの報道番組キャスターとしての地位はこの程度で揺らがないと考えられる。ただ、タレントとしての虚像と実像の落差があまりに激しすぎるため、今後もプライベートがこの調子ではいずれタレント生命を脅かす事態が起こらないとも言えない。「真面目キャラ」でいくつもりならば、そのことは重々肝に銘じてほしいものだ。

(ゼップ)

1 2