カルチャー

無駄に引っ張りすぎ! 全く「突然」じゃない予定調和のハッピーエンド/『突然ですが、明日結婚します』最終回レビュー

【この記事のキーワード】

とにかく長かった

 そうして都内の住宅街(あすか実家近辺、徒歩圏内に東京タワーがあるってすごいな)を走り回り、スマホで連絡を取り合うこともなく、散歩中だったあすかを捕えた名波。あんだけタワマン周辺を舞台にしてたのに、最後は何でもない昼間の公園なんですね。「遅いよ(泣)、すっごい遅い(泣)」と涙するあすかに、名波はこう語りかけました。

名波「ごめん。ずっと逃げてた。自信がなくて。いつかあすかが失望して俺を選んだこと後悔するんじゃないかって怖くて。いつの間にか別れる理由探してた。今だって自信ない。幸せに出来んのか。でも、やっぱり、一緒にいたい。だから、あすかが望むなら、結婚しよう」

 いやいや、あれだけ勝手に傷つけられまくって「ごめん」じゃ済ませられないですよね。あすかとて、笑って「ありがとう、結婚する!」なんて受け入れはしません。

あすか「できません。イヤです」
名波「えっ?」
あすか「私が望むなら、って言ったよね。じゃあやっぱりイヤだ」
名波「なんで?結婚したいんじゃないの?」
あすか「結婚って、二人で納得して新しい人生を始めることでしょう。どっちがしたいからとか、仕方なくとか、そういうの違う」
名波「仕方なくじゃないよ」
あすか「だって勢いでしょ? モスクワに行くからって」
名波「勢いだって大切でしょ」
あすか「ほら認めた」
名波「そうじゃなくて俺はあすかを幸せにしたい、それは本当」
あすか「私も、名波さんを幸せにしたいの。だから、名波さん自身が心から結婚したいって思うまで結婚しません」
名波「男前だね」
あすか「でしょ?」

 ……というわけで、二人は遠距離恋愛に進むことになったのでした。あのーこれ、神谷が両者にガンガン世話を焼いてくれたから何とかなりましたけど、神谷の存在なくしては成立しなかったですよね。復縁の契機を第三者に丸投げしちゃってるカップルって、うまくいくとは思えないですよ……。

 時は流れ、三年後(2020年)。神谷は桃子と結婚して子どもも誕生し、なぜか小野のタワマンに住んでいます(何がどーしてそうなった)。モスクワから一時帰国中の名波があすかにプロポーズし、かつサプライズであすかの家族や三上や桜木夕子まで呼んでプレ結婚式が催され、「いつ入籍するの?」という野次に『突然ですが、明日結婚します』と声を揃えてハッピーエンド。えっ、突然じゃないよな別に……散々引っ張ってたんだから全然突然じゃないよ……やっとだよ? 結局、「“絶対に結婚したくない男”でも、相手次第では結婚しますよ」という普通の話でしたね。こんなに間延びしているドラマは久しぶりに見ました。内容が薄いままあまりに引っ張りすぎたせいで、脱落した視聴者が大勢いたと考えられます。

 昨夏のTBSドラマ『せいせいするほど、愛してる』も、これと似たようなストーリーをたどっていました。漫画原作、第一印象は最悪、彼氏と別れたヒロイン、イケメンだけどワケありな男、ヒロインにグイグイいく二番手の男が最終的にいい奴すぎる、女3人で謎の飲み屋に入り浸る……などなど。でもあちらは不倫モノで妻の怪演がありましたしエアギターコメディの要素もあって振り切っていたから話題性が少しはあったのですが。

 4月からの月9枠は嵐・相葉雅紀主演で『貴族探偵』がスタート。気軽に視聴できるタイプのミステリーもので視聴者層を限定していないため、さすがに“爆死”はありえないでしょうが……現場では次作を久々の視聴率二桁台に乗せることが至上命題となっているのでしょうね。

(ドラマ班・下戸)

flumpoolが棒じゃない!意外と期待できそうな月9恋愛ドラマ『突然ですが、明日結婚します』/第一話レビュー
早くも視聴率爆死! 結婚願望ガン無視で「会いたい」と迫る男、逃げ切れない女/『突然ですが、明日結婚します』第二話レビュー
友達の家のリビングでエッチするってアリなのか?/『突然ですが、明日結婚します』第三話レビュー
みどころがない、興味がない!? 6.6%で最低視聴率を更新/『突然ですが、明日結婚します』第四話レビュー
また最低視聴率更新、人物描写が薄すぎて魅力伝わらず!/『突然ですが、明日結婚します』第五話レビュー
視聴率5%に安堵、視聴者は「呪いの結婚観」からの解放進んでいる?/『突然ですが、明日結婚します』第六話レビュー
「男が女を幸せにする・守る」的価値観が非常にサムい/『突然ですが、明日結婚します』第七話レビュー

<そのほかのドラマレビューはこちら>

東京タラレバ娘

カルテット

A LIFE~愛しき人~

奪い愛、冬

バイプレイヤーズヤーズ~もしも6人の名脇役がシェアハウスで暮らしたら~

1 2