連載

マッチングアプリのプロフィールは「嘘ではない、よそ行きの自分」を演出すべし!

【この記事のキーワード】

今回は男友達の話でしたが、これを作りながらいかに自分がいつも適当にプロフィール作成してるかっていうのもちょっと反省しましたね。私の性格欄なんて「好奇心旺盛・気分屋・明るい・マイペース」ですからね。「気分屋って絶対入れたらあかんよ!」って周りに注意されました。確かに「気分屋」も「マイペース」も入ってると「扱いづらい女感」が出てしまいますね。「嘘をつくことは悪いことだが、程良く隠すことは大切」ってわけですよ。ありのままの自分を受け止めてくれよ! なんて初対面の(というか会ってすらない)人にはハードルが高いです。つまり、嘘じゃないけど「よそ行きの自分像」をイメージして作るといいかも!

それから、“自分が求めてる相手と出会えそうなプロフィール”というのを意識したほうが効率的ですね。もし、自分がものすごいパーティピープルでも、好きなタイプが清廉潔白な眼鏡男子「趣味:映画鑑賞」なのであれば、「趣味:クラブ通い」なのは伏せておいて、「趣味:海外ドラマ鑑賞」とかちょっと自分の中のインドアな趣味を書いたほうがいいよね。

余談ですが、今回、男友達のために独自調査してみたところ、マッチングアプリ「Omiai」では一番低い年収ラインが「300万円未満」、対して「Pairs」は一番低い人は「200万円未満」で、その次が「200万円以上~400万円未満」。自分の年収を記入する欄があるんですけど、これ自分の年収が200万円台だった場合、どちらのアプリを使用するかでちょっと印象変わってきますよね……! いつも年収なんて書かないから、男の人のプロフィール考えるのは、こういう点でも勉強になったわ!

プロフィール作成を手伝った友人に後日経過を聞いたところ、遠方に住む女子大生からアクションがあったそうなのですが、「何を求められているのかわからない……」と困惑していました。クリエイターに憧れる年頃だったのでしょうか? 彼の苦悩は続きそうです……!

1 2 3

みほたん

自分の恋にはとびっきり不器用な自称恋愛マスター。 これまで恋愛についてあれこれネット上に書き散らかし気付けばアラサーになっていた。趣味はネットサーフィン、特技はネットストーキング。 難ありアイドル『オタフクガールズ』の貧乏担当としても活動中なので、そろそろ玉の輿永久就職をきめるべく日々出会いを探している。

twitter:@fukumoco

上京しました~お貧乏で大都会~