ゴシップ

「木村拓哉一大プロジェクト」の違和感、中居正広に「確かな異変」、マネージャー人員削減…関係者が明かす元SMAPのおかしな近況

【この記事のキーワード】

「中居は取材規制をかけているようなんです。事務所の指示なのか、中居本人の希望なのかはわかりませんが、今まではジャニーズ事務所のNG媒体以外は誰でも入れた記者会見でも、今後は中居の意向で入れない媒体が出てくるみたいで……。かたやテレビ番組では、今まで『秘密主義』を徹底していた上に、恋愛報道が出たばかりの中居がやたらプライベートを話し始めたことにも違和感を覚えます。水面下で“何か大きな出来事”が起きているとしか考えられません。少なからず“確かな異変”を感じています」(芸能業界関係者)

 心配が相次ぐ中、今度は「元SMAP班の解体」話が聞こえてきた。長年、I女史の下で働き、彼女が退職後も残留しているマネージャーたちにも人事異動が発令され、人員が縮小されたというのだ。

「これまでは、5人ひとりずつにマネージャーがついていたんですけど、稲垣吾郎、草なぎ剛、香取慎吾の3人には、計2人のマネージャーがつくだけ。『2人いれば事足りる』ということらしいんです。Iさんの管轄下にいたグループやマネージャーたちは、事務所内での“明らかな格差”を日々感じずにはいられないそうで、まだまだこれから辞めていくマネージャーたちもいるみたいですよ」(芸能業界関係者)

 9月の契約更新に向けて、6月初旬には“何らかの正式な決断”を下さなければならない元SMAP。どんな結末を迎えようとも「ずっと付いていく」と誓う多くのファンたちを早く安心させてほしいと願うばかりだ。
(夏木バリ)

1 2 3 4