インタビュー

着エロ少年がウリ専、ホスト、ヒモ経験を経てエロメンに!激カワ新星・夏目哉大/しQちゃんインタビュー

【この記事のキーワード】

夏目哉大

あたしの羽攻撃は性感帯にキクらしいキュウ~

ーー夏目キュンが初めてセックスしたのは何歳キュウ?

「19歳ですね。でも、その前に手コキとか手マンとかクンニは経験してましたね。ま、セックスも手マンとかも同じ相手なんですけどね」

ーーむむ。初彼女と挿入までにいくまで寝かして置いたって感じキュウ?

「違いますね。中学のときの友達のお姉ちゃんが風俗嬢だったんです。当時20歳くらいだったんで7歳上だったと思います。ちょいちょいご飯とか奢ってもらってたりして、時々手コキが入るみたいな」

ーーちょちょい、待っちくり~! 中学生のときに、友達のお姉ちゃんがご飯をよく奢ってくれて、しかも時々手コキまで入るキュウ⁉︎ なんだその環境⁉︎ というか、手コキされる関係だったら最後までってならならいキュウ?

「出してしまったら、そこまででいいかなぁと思えちゃうんで。お姉ちゃんの言うこと聞いていれば、気持ちいいことしてもらえるかなって思ってたんで、とりあえず聞いておこうと思ってましたね。高校に入ってから、場所が離れてしまったので疎遠になって、高校卒業して1人暮らしを僕が始めたので、その頃に連絡とってヤッたって感じです」

ーー手コキしてた坊やが大きくなって私の元に童貞を捨てに来たって感じなのキュね、お姉ちゃんからすれば。エロいキュウ~~~~! 中学や高校のときは、女子との関わりはあったキュウ?

「ないですね。中学校はあまり行ってなかったんです、ネットゲームが楽しくって」

ーーまさかのネトゲ廃人キュウ……

「そうです。寝る間も惜しんで1日18時間くらいやってました。高校は通信だったので、月に1度だけ通って、後は家の近くのコンビニでバイトする日々」

ーーそのバイト先で、女の子とどうのこうのは? あるんじゃないキュウ?

「お昼の時間帯だったんで人妻ばかりで、女子高生との絡みはなかったです。高校の頃は、それ以外の時間でエロゲーをやってて。年間200本くらいやってたんで、だいぶ強くなりましたね。買っては売って、買っては売って」

ーー強いってなんだよ。なぜエロゲーばかりを???

「エロゲーに限らず僕のよくやるゲームって主人公の男が女の子を好きになる話が多いんですけど、女の子を好きになる話なのにエッチシーンが無いのは、だいぶやるせないんですよね。だから昔からエロゲーが好きなんです」

ーーずっとエロゲーばっかりしてたら二次元を愛するようにならないキュウ?

「そうはならないですね。でも、性的コンテンツに最初に触れたのが二次創作のエロ小説だったんです」

ーーエロ小説……なんだか渋い気もするキュけど……! それは何の二次創作だったキュウ?

「エヴァですね。僕はエヴァ自体は知らなかったんですけど、なんかのキャラのエッチな話と思いながらシコってましたね。それが小学4年生頃なんで、初オナニーの頃ですね」

ーーエヴァをエロ小説で知るとは……逆輸入キュウね(messy編集長が「私もそれ読んでました!!!」と興奮してカットインしてきたキュウ)。小学生のときは、既に自分用のネット環境があったキュウ?

「ないんで、家族共用のパソコンで早朝とか、学校休んで家族が出かけてる間に見てました」

ーー高校も通信で……中学のときから休んだり……基本的に学校に行かない子だったキュね?

「基本、行かないですね」

ーーそれは学校で嫌な思いをしたとか、何かあるキュウ?

「全くなくて、逆にすごい同級生とは仲良かったですね。みんなでサッカーやったりアメフトやって遊んだりしてました。だから、みんな早く学校終わらないかな~って待ってましたよ。放課後はみんなと遊べるんで」

ーーそんな不登校児って、世の中にいるものなのキュね……。仲悪いもんかと勝手に思ってたキュよ。親とか教師とか、周りの人は学校行けって言わなかったキュウ?

「ん~多分、周りはすごい僕に気を使っててくれたんだと思います。だから、そういうのは言われなかったですね。友達も気を使ってくれてるっていうか『あ! 遊びに誘わないと!』みたいな、不自然な優しさがたまに見えてたんで。ただ、うちは日常的に父親が暴力的なところがあって、それを気にして母親は何も言ってこなかったのかなぁって、今になって思いますね」

ーーそういう家庭の事情も分かった上で、周りの人たちは夏目キュンを受け入れてくれていたキュウね。高校の頃って、同年代の女の子とエッチなことしてみたいなぁとは思わなかったキュウ?

「ありましたけど、その子を想像して1人でしてたら、それで充分かなって。コミュ障気味だったんで、人と関わるくらいだったら諦めようみたいなところがあったんです。人と関わるってことがハードルが高かったんで、それくらいならしなくていいやって。なるべく人と喋りたくなかったんです」

ーーだから、高校のときに黙々とアナルを開発してたのかい……?

「はい、黙々と。当時、流行りだったアナニー(アナルオナニーの略)とか、ネットで調べて、ドライオーガズムを体感できるまでに半年くらいかかりましたけど。これか! って」

ーーそれって、何をどれぐらい挿れたらそうなるキュウ?

「エネマグラを普通に挿れます。おもちゃの振動とか、そういうのよりも大事なのは心の高ぶりですね。絶対に家族が帰ってこない環境でリラックスできる状態にして、それでもって性欲が高まっているときに、お気に入りのAVを見るのがベストでしたね」

ーーお気に召していたAVとは……⁉︎

「ベイビーエンターテイメントの『ポルチオエステサロン』が、すごく良かったんですよね。女の子が120分間、ただひたすらに虐められている内容なんです。女の子に感情移入して、だんだん、徐々に高ぶっていく感じです。120分という尺もちょうどいいんですよね、アナルをやる分には」

ーーエネマグラを挿れてるときは、おちんちんは触るものなのキュウ?

「絶対に触らないです。触ると快感がペニスに逃げちゃう気がするんです。触ってもタマぐらいですね。なので、フニャッとしてる状態ですよ。前立腺を刺激してムズムズしてる状態でペニスを触るのは、すごい気持ちいいんですけど、それをやっちゃうと、その先のドライオーガズムに行けなくなっちゃう」

ーー極めた者だけが言える言葉キュウ……! なんだか秘薬のレシピを聞いてるみたいキュウ、男のアナル開発まだしたことないけど、勉強になるキュウ~。お尻に挿してるプラグもノータッチキュウ?

「それは少し動かします。お尻の括約筋を緩めたり締めたりの運動で自分の気持ちい場所を探ったり」

ーーアナルに興味がある読者が、今目を皿のようにして読んでるはずキュウ~! 身になるいい話聞かせてくれて、さんキュウ~~!!! それを高校生の時に、時間をかけてじっくりやっていたのキュね!

「忙しいと、そんなに時間かけれないですもんね。卒業して働き出したらオナニーの為に2時間割くとかって、なかなか出来ないですからね。学生時代だけでしたね」

ーー大人って、世知辛いキュね~! 労働ばっかしでオナニーに没頭する時間もないこんな世の中じゃ……POISON。

___

ふぅ~、こいつ濃すぎるキュウ!後編ではさらにヤバいウリ専期の話や最近の性動向を探っていくキュウ!

▼夏目哉大

シルクラボ作品「Cocoon goodluck」

Twitter:@kanata_Rings

1 2 3

しQちゃん

子宮のゆるキャラ(妖精)。アイドルに貢ぐために週5+日払いバイトで馬車馬のように働いているキュウ。生理前は情緒不安定になるけれど、今日も元気に頑張りまシュッサン☆ 

@sheQchanz