ゴシップ

島崎遥香、謎の力によるゴリ推しが止まらない! 数年後には空疎な「大女優」ポジションに昇格確実?

【この記事のキーワード】

 島崎の所属事務所はバーニングプロダクション系列の会社「ビッグアップル」。所属タレントは中山美穂(47)と島崎だけである。前述のようにAKB48時代から中心的存在に据えられていた島崎だが、2012年に同社の所属になった途端、「シングル選抜じゃんけん大会」優勝でセンターの座を獲得した。事務所パワーがいかに強いかということだ。2013年には11社のCMに起用され、ニホンモニター公表の「2013年タレントCM起用社数ランキング」で女性タレント部門で6位タイにランクイン。続く14年は12社のCMに起用され3位タイにランクアップと、急激にメディア露出は増加した。

 AKB時代は、CD売上の要である握手会でのファンとの接触が非常に冷たくあっさりした“塩対応”だったことで有名な島崎。周囲のメンバーや秋元康、本人もそのことは認めており、むしろそれが彼女の味だという見せ方をしていたが、最近になって島崎は「(塩対応を)反省しました」「ファンの方に申し訳なかった」と改心をアピールしている。

 当面は大プッシュを受け、メディア露出が減ることはないと思われるが、妥当な存在感を持たないのにいつのまにやら「大女優」ポジションに鎮座している……というギャグのようなことが本気で起こってしまうのが芸能界。業界内政治に視聴者を付き合わせるのはいい加減にしていただきたい。

(ボンゾ)

1 2